特別支援教育課のホームページ

第三者評価機関による鳥取県立学校評価

評価の目的

評価機関が行う評価は、各学校の自己評価及び学校関係者評価に基づき、以下のことを目的に実施しています。
  1. 教育に識見等を有する者等が、定期的に学校を評価することにより、学校の教育活動の水準の維持及び向上を図るとともに、各学校が設定した目指す学校像(ミッション)、その達成に向けた教育目標及び具体方策の実現を図ること。
  2. 評価結果を各学校の教育活動等に反映することにより、各学校の教育活動等の改善に役立てること。
  3. 学校の教育活動等の状況を県民に明らかにすることにより、広く県民の理解と信頼を得て、魅力ある学校作りを推進すること。

評価の基本的な方針

上記の目的を踏まえ、以下の基本的な方針に基づいて評価を実施しています。

  1. 学校の個性の伸長や教育活動の向上に資する評価
     評価機関は、評価項目や評価基準を設定し、各学校の教育活動等の総合的な状況について評価しました。
     評価機関が評価項目や評価基準を設定し評価を行うに当たっては、各学校の個性や特色が十分に発揮できること及び画一的な評価とならないことに留意し、各学校の教育目標や教育方針、幼児児童生徒(以下、生徒等という。)の実態や教育活動の成果などを踏まえて行っています。
  2. 専門家等を中心とした評価
     学校の教育活動等を適切に評価し、教育活動等の改善に資するため、教育に関し識見を有する者を中心とした委員により評価機関を組織し、評価しました。
  3. 透明性の高い開かれた評価
     評価結果を広く県民に公表することにより、透明性の高い開かれた評価としています。
     また、評価機関は、評価の経験や評価を受けた学校等の意見を踏まえ、評価システムの改善に努めることとしています。

第三者評価機関による鳥取県立学校評価実施要領