活用力アップにつながる授業改善事業【B-PLAN】

活用力アップにつながる授業改善事業【B-PLAN】とは

〇活用力アップにつながる授業改善事業【B-PLAN】とは
全国学力・学習状況調査で出題された小学校国語B問題・算数B問題を基に作成した「活用問題集」の使用を、授業改善のPDCAサイクルに位置付け、授業研究を通した教師の授業力向上を図るための取組です。中部地区の小学校や中部小学校教育研究会と連携しながらその成果を普及し、中部地区小学校における児童の活用力向上を目指していきます。


〇「B-PLAN 活用問題集(第3版)」
平成25年度以降に全国学力・学習状況調査に出題された問題を各教科の単元の指導事項に沿って整理し、教科書の単元順に配列したものです。第2版からは、中部地区小学校における授業実践例や授業のポイント等もこの中に掲載されています。

5年算数 4年算数 国語

   【5年 算数】      【4年 算数】       【国語】


〇B-PLANで目指すもの【趣旨】
B-PLANでは、主に以下のようなことを目指しています。
(1)求められている"活用力"の中身を把握することで、教師自身の"学力観"をアップデートさせる。
(2)日常の授業づくりに活用を意識したPDCAサイクルを確立させて、教師の授業力を向上させる。
(3)活用して考えることの意義や楽しさを実感できる授業を行い、児童の学ぶ意欲と活用力を高める。
児童の活用力を高めることも狙っていますが、もっと大切なのは教師自身の意識を高め、日々の授業をよりよいものへと改善していくことです。

活用力アップにつながる授業改善事業【B-PLAN】を振り返って

 平成30年度から令和2年度まで、3年間にわたり行ってきた本事業の総括を行いました。

 

【事業実施校一覧】

 

国語

算数

平成30年度

倉吉市立上北条小学校

琴浦町立浦安小学校

 

倉吉市立成徳小学校

倉吉市立関金小学校

平成31年度

(令和元年度)

倉吉市立上北条小学校

琴浦町立浦安小学校

倉吉市立成徳小学校

倉吉市立関金小学校

倉吉市立小鴨小学校

北栄町立北条小学校

令和2年度

倉吉市立上北条小学校

倉吉市立上灘小学校

倉吉市立成徳小学校

倉吉市立小鴨小学校

北栄町立北条小学校

倉吉市立上小鴨小学校

 

 本事業では、児童の「活用力」を高めるための授業改善を繰り返し行うことで、児童の活用力の向上が見られました。また、学校全体の取組にするための各校独自の取組や学校間の繋がりも生まれる等、幅広い面で成果を上げることができました。そして、各実施校における地道な取組が、中部地区全体にも好影響となって着実に拡がり始めていることも実感しています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。⇒★B-PLAN事業総括(リンク)

 

令和3年度より本事業は、「学力総合対策推進事業」として全県で取組を進めます。中部地区のこれまでの取組を礎にして、さらに進化した取組となるようアップデートしていきます。

 

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000