はじめに

研修の勧め

研修の勧め ~職員人材開発センター所長からのメッセージ~

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、私たちの地方自治体も未曽有の危機に直面しました。しかし、そうした危機にあたっても、私たち自治体職員は、住民の命と健康を守り、さらに質の高い行政サービスを提供するため問題や課題を的確に把握し解決していく能力が求められています。そして、そのためには職員一人ひとりが自身の意欲・能力を積極的に高め、その持てる可能性を最大限に発揮することが必要です。そうした職員一人ひとりの成長の観点から、研修は重要な意味を持っています。

 研修は、業務を通じて指導を受けたり、経験を積む「職場研修(OJT:On the Job Training)」や、業務から離れて学習や体験をする「職場外研修(Off-JT:Off the Job Training)」に分類されますが、職員人材開発センターでは、このうちの「職場外研修(Off‐JT)」の場として、県職員及び市町村等職員の皆さんに対し、基礎研修、能力開発・向上研修、自己啓発支援研修を提供し、能力開発・向上への取組をお手伝いをしています。
 職員の皆さんにおかれては、こうした学習の機会を十分に活用していただき業務に役立てるとともに、主体的で積極的な姿勢で、自らの成長につなげてください。

基礎研修(指名研修)

 基礎研修は、職員としての自らの役割・使命を再確認したり、能力向上のために学ぶ機会です。採用や昇任などにより新しい立場に就けば、その役割や求められる仕事の内容・レベルが変わるので、経験年数や昇任のタイミングに応じて、研修の機会を提供しているものです。
 「職位に応じた基礎づくり」を目的とした取組であり、職場を離れて研修に専念することで、深く考え、じっくり学ぶことができるとともに、同じ立場(役職等)の職員と一緒に学ぶことで、新たな気づきや刺激も得られます。
 職員の皆さんにとっては、自らの成長につながる重要な研修ですので、研修受講の指名を受けた場合は、必ず参加をするとともに、前向きに取り組んでください。

能力開発・向上研修(選択研修)

 能力開発・向上研修は、必要に応じて知識やスキルを習得する機会です。
 職員として身につけておくべき基本的な知識やスキルを中心に、職員や職場のニーズを踏まえ、様々な講座を提供しています。
 職員の皆さんの「知りたい・出来るようになりたい・もっと上手になりたい・成長したい」という意欲を応援します。
 今年度は、原則、オンライン研修となっています。会場への移動もなくなり、従来より参加しやすくなっています。また、eラーニングシステムを活用した講座も数多く提供していますので、積極的に活用してください。

自己啓発支援研修(選択研修)

 自己啓発は人材育成の基本です。
 語学や手話の講座を開設するほか、eラーニングによる学習支援もあります。通信教育講座では豊富なメニューを用意していますので、積極的に活用してください。
 職員の皆さんの主体的な取組を応援します。

 

トップページに移動

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000