メンテナンスのため、12月8日(火) 1時~3時00分(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
  とっとりの手仕事公式インスタグラム  公式インスタグラム instaicon

とっとりの手仕事とっとりの手仕事

  現在の位置:とっとりの手仕事お知らせ

地酒×工芸 お歳暮ギフト販売@タカシマヤオンライン

とっとりの酒×工芸品 ギフトセットをタカシマヤオンラインで販売します。

鳥取の地酒と、酒器を中心とした鳥取の手仕事の特別セットアップ販売です。
鳥取県では手仕事の工房のように、地酒を製造所も各地に点々とあり、小規模ながらこだわりの酒づくりが行われています。今回の日本酒のセットでは鳥取のお米の味が生きた純米酒を揃えています。

手触りよく実用性の高い手づくりのうつわで呑めば地酒がさらにおいしくなること間違いなし。

タカシマヤオンラインストア 山陰名産品特集内で販売しています↓
https://www.takashimaya.co.jp/shopping/special/FA18320/

※一部商品は掲載準備中です(10月29日現在)

 

とっとりの酒について知りたい方はこちら → 「とっとりの酒」サイト(とりネット内リンク)

 

セット一覧

(製造者名のリンク先はとりネット内のメーカー紹介リンクです。)

daisenkugo 
🍶久米桜酒造「特別純米酒 八郷」× 大山焼久古窯「油滴盃」

大山の麓で地元の水と米でその地ならではの地酒を醸す久米桜酒造。「八郷」は地元の八郷地区で育てる山田錦を使用し、初心者でも上級者でも満足、地元民からも観光客からも愛される、蔵元を代表するのお酒です。大山焼久古窯の少し口の広がった杯は、純米酒の米の味を口内に広げてくれる形です。色のある油滴のうつわは全国でもとても珍しく、上品さと華やかさがあります。サイズは大きすぎず小さすぎずのぐいのみです。

daisenbeercup
🍶大山Gビール3種 × 大山焼久古窯「ビアカップ」

全国のクラフトビールファンにはおなじみの大山Gビールは、久米桜酒造と同じ敷地内で大山の伏流水を使用し製造され、素材のうまみが感じられるきれいなコクのあるビールです。今回はワールドビアアワードで世界一になった「ヴァイツェン」を含む3種のセットです。大山焼久古窯の焼き締めに近い質感のフリーカップできめ細かい泡のビールをお楽しみください。マットな銀色のカップの側面は指に沿うねじりが入っており、手にフィットして取り落としにくくなっています。

chiyo_ash

🍶千代むすび酒造(「純米吟醸 強力50」× 陶工房Ashwork「つばめの酒器」

境港市の千代むすび酒造の商品の中でも人気の、鳥取のオリジナル酒米「強力」を50%まで磨いた純米吟醸酒です。華やかな香りと口当たりのなめらかさ、そして強力米のしっかりした旨みと酸味が心地良い、蔵元の代表作です。ご自身も日本酒好き女子のひとりでいらっしゃる、日吉津村の陶工房Ashworkのツバメの絵付けの酒器をセットにしました。ツバメには「かえる」という意味があり、酔っぱらっても無事に家に「帰る」しらふに「返る」縁起の良い絵柄です。やわらかな白と青の日常に落ち着くうつわです。


🍶稲田本店「純米吟醸 いなたひめ強力」× 陶工房Ashwork「ぐいのみ3種呑み比べセット」

米子市の稲田本店の一番人気のお酒です。鳥取県産の酒造好適米「強力」を使用した純米吟醸酒で、ふくらみのある果物系の香りと米の旨味を感じられるお酒です。銘柄「いなたひめ」は、古代出雲の国が舞台になったヤマタノオロチ退治の神話でスサノオノミコトに助けられた出雲美人稲田姫が由来です。そのお姫様のイメージに沿う、ぐいのみ3種はやわらかな白地に朱色の線が入っており、シンプルでかわいく実用的なうつわです。形状で変わるお酒の味の違いを感じていただけたらと思います。日吉津村の陶工房Ashworkのうつわです。
kazuwayaki
🍶大谷酒造「鷹勇 純米吟醸なかだれ」× 上神焼「辰砂盃・お多福豆皿」

琴浦町の大谷酒造で贈り物としても人気のお酒。「なかだれ」と呼ばれる最良の部分を瓶詰し、芳醇な香りと爽やかなのど越しが特徴です。少しあたためてもお米のうまみと酸味が引き立ちまた違った味わいが感じられます。陶芸好きな大谷酒造の大谷社長と親交のある、倉吉市の「上神焼」の辰砂の赤い杯と、お多福さんの豆皿という縁起の良いセットです。辰砂の杯は側面が丸みを帯びていて、飲んだ時にお酒がやわらかに口内に広がります。杯の足が少し高めで、テーブルから持ち上げやすい形をしています。

fukura_shouka
🍶福羅酒造「山陰東郷 純米」× 法勝寺焼松花窯「おつまみ小皿3種」

湯梨浜町の東郷湖畔の酒蔵、福羅酒造さんの特別純米酒です。あたためて飲んでもらうと、よりお米のうまみと酸味が感じられます。それだけでなく、お食事とともにお燗酒をいただくと、食べものの風味が増し、さらにお食事がおいしくなる、と お燗酒マニアを自負する福羅社長はおっしゃいます。法勝寺焼松花窯は南部町の窯元で、父娘のお二人でお茶道具だけでなく日常のうつわも焼いておられます。法勝寺の伝統の緑色も渋いですが、深い色の釉薬の潔い深さも素敵です。お酒の肴をちょこちょこと盛りたい小皿3種をセットにしました。

kokuzou
🍶梅津酒造「良熟梅酒 野花」× 国造焼「そばちょこ2種」

北栄町の梅津酒造のつくる純米酒に、地元特産の「野花梅」をつけこみ熟成させた贅沢な梅酒です。その色から分かるように梅の濃厚なおいしさと、純米酒ならではの梅の味を邪魔しない上品なアルコール感が癖になります。国造焼は倉吉市の窯元で、日常になじむ白い釉薬のそばちょこを2種類セットにしました。線文のそばちょこは鳥取の満点の星座を、飛び鉋技法のそばちょこは鳥取砂丘をイメージした、地元鳥取県を愛するうつわです。大きすぎないサイズです。

hojo_shouka
🍶北条ワイン醸造所「ヴィンテージ 赤」と法勝寺焼松花窯「ワインカップと小皿」

北栄町の北条砂丘に位置する北条ワインは西日本で一番長い歴史を持つワイナリー(1944年創業)です。「北条ワイン ヴィンテージ 赤」は自家ぶどう園産メルロ種が原料で、ミディアムボディタイプの赤ワインです。やや深みのある赤色で凝縮した力強い香りがあり、口当たりは優しく、ベリー系の果実味たっぷりの味わい。国産ワインコンクール受賞ワインです。法勝寺焼松花窯は南部町の窯元で、父娘のお二人でお茶道具だけでなく日常のうつわも焼いておられます。陶器のワインカップと、深い緑と紺の色が美しい小皿をセットにしました。
 

hioki

🍶山根酒造場「日置桜 純米吟醸 伝承強力」× ひおき窯「青白磁の盃」

鳥取市青谷町の山根酒造場の「伝承強力」は、約30年前の鳥取県原産の強力米を復活後から続くロングセラー商品です。独特の酸味を持つ強力米の特徴をいかした、何層もの味わいのある造りの完成度の高いお酒です。ひおき窯は同じ青谷町にある磁器の窯元で、繊細な削りから生み出される陰影の美しい青白磁と瑠璃釉の磁器が特徴です。美術工芸だけでなく、手に届きやすい日常のうつわも製作されています。生活に上品さを加えてくれそうな、贈り物にもふさわしい一品です。

🍶太田酒造場「辨天娘 純米 玉栄 山廃」× 牛ノ戸焼「染分け酒器」

若桜町・太田酒造場の、肥料を最低限に抑え、水を豊富に使って育てられた酒米を使用した、しっかりした酸を感じるお酒です。地元若桜町のお米と水を使い、一粒一粒大切に仕込み、熟成させています。甘味は少ないですが、米のうまみを感じられ口当たりはやわらかいお酒です。アツアツのお燗にして飲むのが蔵元のお勧めです。燗冷まし(熱燗にしてから冷ます)も、熱燗より控えめになった酸と香りに対し、盛り上がったお米のうまみがそのまま感じられお勧めです。

牛ノ戸焼は鳥取市河原町にある窯元です。地元の土で使った陶土、手作りの釉薬から製作した、ぽってりとした温かみのある日常のうつわが特徴です。民芸のプロデューサー吉田璋也の指導した緑と黒の染め分けが有名です。今回の酒器はその染め分けのぐいのみと小ぶりのとっくりです。ぐいのみは、丸い形ですが口が少しすぼまった後に広がっていて持ちやすく口当たりが良いです。

🍶諏訪酒造「諏訪泉 純米 キノコラベル」× カエル工房「八上姫トートバッグ」

智頭町の諏訪酒造の純米酒です。店主のキノコ好きが高じて、キノコ仲間であるカエル工房さんにお願いしてキノコブーケラベルをリリース。そして今回はカエル工房さんが八上姫イラスト入りトートバックを作り上げました。八上姫は「いなばの白兎」で知られる大黒様と結ばれたお姫様です。今年何かと必要となってきたエコバッグとしてぜひお使いください。

 

工芸品の一部は、米子タカシマヤ4階 山陰の手仕事売り場「ギャラリーEN」でも実際に見ていただけます。どうぞお手にとってご覧ください。

 

sake_tenugui

(こちらの「とっとりの酒手ぬぐい」は、米子高島屋4階のギャラリーEN店頭販売品です。)

米子市で300年続く染物屋「松田染物店」製の一枚一枚手染めの手ぬぐいです。鳥取の食とお酒と工芸の素敵な食卓のイメージ。端が縫ってあるので気を遣わず洗濯できそうなのも嬉しいです。「筒書き」と呼ばれる方法で白抜きとなる部分を米ぬかを使った「のり」でマスキングして、染めます。のりを洗い流せば白抜きが映える模様が現れます。詳しい製法が知りたい方は「鳥取の手仕事」サイト内の工房紹介→染物→松田染物店へどうぞ。Google Arts & Culture「日本の匠」へのリンクから高画質の動画で見られます。

 

トップに戻る

   鳥取県商工労働部市場開拓局販路拡大・輸出促進課
   住所  〒680-8570鳥取県鳥取市東町一丁目220番地
   電話  0857-26-7833    ファクシミリ  0857-21-0609
   E-mail  hanro-yusyutsu@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000