生育情報

 農業試験場では、水稲の生育状況を定期的に観測していく作況田を設けています。

 作況田では、ひとめぼれ、コシヒカリ、星空舞、きぬむすめの4品種において昨期、品種別に播種及び移植日、栽培方法、調査日を固定して継続してデータ集積を行い、栽培状況や生育ステージ予測などの情報提供を行っています。


 

アクロバットリーダのダウンロード

 

  

場内作況田)水稲生育情報5(2021年8月15日現在)

 当試験場作況試験田の水稲生育状況についてお知らせします。

  

【普通期移植】5月25日田植

・コシヒカリは、8月4日に出穂期を迎え(平年+1日)、葉色は平年よりやや淡い傾向です。
・星空舞は、8月9日に出穂期を迎え(平年+1日)、葉色は平年並です。
・きぬむすめは、8月15日に出穂期を迎え(平年+1日)、葉色は平年並です。

 

※平年:直近過去5年間の平均値との比較です。

    (星空舞は2018年から栽培のため直近過去3年間の平均値)

  

場内作況試験水稲生育状況(2021年8月15日現在)【PDF 112KB】

場内作況田)水稲生育情報4(2021年7月28日現在)

 当試験場作況試験田の水稲生育状況についてお知らせします。

 

【早期移植】5月11日田植

・ひとめぼれは、7月23日に出穂期を迎え(平年±0日)、葉色は平年よりやや淡い傾向です。
・コシヒカリは、7月28日に出穂期を迎え(平年+1日)、葉色は平年よりやや淡い傾向です。

  

【普通期移植】5月25日田植

・コシヒカリは、7月14日に幼穂形成期を迎え(平年+2日)、葉齢は平年並であり、茎数は多く、草丈はやや長く、葉色はやや淡い傾向です。
・星空舞は、7月19日に幼穂形成期を迎え(平年±0日)、葉齢および草丈は平年並であり、茎数は多く、葉色はやや淡い傾向です。
・きぬむすめは、7月26日に幼穂形成期を迎え(平年+1日)、葉齢および草丈は平年並であり、茎数は多く、葉色は淡い傾向です。

 

※平年:直近過去5年間の平均値との比較です。

    (星空舞は2018年から栽培のため直近過去3年間の平均値)

 

場内作況試験水稲生育状況(2021年7月28日現在)【PDF 109KB】

場内作況田)水稲生育情報3(2021年7月9日現在)

 当試験場作況試験田の水稲生育状況についてお知らせします。

 

【早期移植】5月11日田植

・ひとめぼれは、7月1日に幼穂形成期を迎え(平年±0日)、葉齢および葉色は平年並であり、茎数は多く、草丈は長い傾向です。
・コシヒカリは、7月5日に幼穂形成期を迎え(平年±0日)、葉齢は平年よりやや進んでおり、茎数はやや多く、草丈は平年並、葉色はやや淡い傾向です。

  

【普通期移植】5月25日田植

・コシヒカリでは、葉齢、草丈および葉色は平年並であり、茎数は多い傾向です。
・星空舞では、葉齢は平年よりやや進んでおり、茎数は多く、草丈はやや短く、葉色は平年並です。
・きぬむすめでは、葉齢、草丈および葉色は平年並であり、茎数は多い傾向です。

 

※平年:直近過去5年間の平均値との比較です。

    (星空舞は2018年から栽培のため直近過去3年間の平均値)

 

場内作況試験水稲生育状況(2021年7月9日現在)【PDF 103KB】

場内作況田)水稲生育情報2(2021年6月25日現在)

 当試験場作況試験田の水稲生育状況についてお知らせします。

 

【早期移植】5月11日田植

田植45日後調査より

・ひとめぼれでは、葉齢は平年よりやや進んでおり、茎数は多く、草丈は長く、葉色は平年並です。
・コシヒカリでは、葉齢は平年より進んでおり、茎数はやや多く、草丈はやや長く、葉色は平年並です。

 

【普通期移植】5月25日田植

田植25日後調査より

・コシヒカリでは、葉齢は平年並であり、茎数は多く、草丈はやや長く、葉色は濃い傾向です。
・星空舞では、葉齢は平年より進んでおり、茎数は多く、草丈は平年並、葉色は濃い傾向です。
・きぬむすめでは、葉齢は平年より進んでおり、茎数はやや多く、草丈および葉色は平年並です。

※平年:直近過去5年間の平均値との比較です。

    (星空舞は2018年から栽培のため直近過去3年間の平均値)

 

場内作況試験水稲生育状況(2021年6月25日現在)【PDF 89KB】

2021場内作況田)水稲生育状況1(移植時~)

 当試験場作況試験田の現在の水稲生育状況をお知らせします。

【早期移植】5月11日田植

苗質調査より

・ひとめぼれでは、苗乾物重は平年より重く、葉齢は平年並であり、草丈はやや短く、葉色はやや淡い傾向です。

・コシヒカリでは、苗乾物重は平年より重く、葉齢および葉色は平年並であり、草丈は短い傾向です。

 

田植15日後調査より

・ひとめぼれでは、葉齢、茎数および葉色は平年並であり、草丈は長い傾向です。
・コシヒカリでは、葉齢は平年よりやや進んでおり、茎数および葉色は平年並であり、草丈は長い傾向です。

 

【普通期移植】5月25日田植

苗質調査より

・コシヒカリでは、苗乾物重は平年よりやや重く、葉齢はやや進んでおり、草丈は短く、葉色は濃い傾向です。
・星空舞では、苗乾物重および葉齢は平年並であり、草丈は短く、葉色は濃い傾向です。
・きぬむすめでは、苗乾物重は平年よりやや軽く、葉齢は平年並であり、草丈は長く、葉色は濃い傾向です。

いずれも病害虫の発生や目立った障害等はありません。

※平年:直近過去5年間の平均値との比較です。

    (星空舞は2018年から栽培のため直近過去3年間の平均値)

  

  【早期】移植の様子

  【早期5月11日】田植の様子

  

  【普通期】移植の様子

  【普通期5月25日】田植の様子

  

  【早期】+15

  【早期】田植15日後の様子

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000