当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
  現在の位置:鳥取県立博物館
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

鳥取県立博物館

開催中・開催予定の展示について

 

 

  

展示 関連ニュース 

09月02日

【前売券販売中】企画展 殿様の愛した禅 黄檗(おうばく)文化とその名宝(10月5日より県立博物館で開催)

本展は、江戸時代鳥取における黄檗宗に光を当てる初めての試みで、鳥取の文化に大きな影響を与えた黄檗の歴史を紹介します。
09月02日

【10月5日より開催】コレクション展 美術家大辞典 近現代編

さ行・た行の美術家(県立博物館で12月8日まで)
09月02日

【好評開催中】コレクション展 美術家大辞典 近世以前編

か行の美術家・下巻 (県立博物館で10月27日まで)

当館以外が主催する展示・イベントについて

  

※問い合わせは、直接主催者へお願いします。

映画「ガンジスに還る」上映会(10月27日(日)開催)

チラシ

映画「ガンジスに還る」上映会

母なるガンジス河。そこは、幸福で安らかな死を迎えられる心のやすらぎの郷──

死期を悟った父と、それを見守る家族たちの日々を綴った、珠玉の感動作。

 
◇ある日、不思議な夢を見て自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地「バラナシ」へ行くと家族に宣言する。家族の大反対もよそに、決意を曲げない父。仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに…。辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。施設の仲間と打ち解けながら、残された時間を有意義に過ごそうとするダヤ。はじめは衝突しあうも、雄大に流れるガンジス河は次第に父子の関係をゆっくりとほぐしていく。果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのか─?
監督:シュバシシュ・ブティアニ
出演:アディル・フセイン、ラリット・ベヘル
2016年ヴェネチア国際映画祭エンリコ・フルキニョーニ賞受賞
(2016年、インド、99分)

日時

令和元年10月27日(日) (1)10時30分~ (2)14時~

 

会場

鳥取県立博物館 講堂

 

入場料

一般前売券1.000円(当日券1.300円)、小中高生前売券500円(当日券800円)

 

前売券取扱所

とりぎん文化会館、鳥取市民会館、鳥取市文化センター、鳥取県立博物館ミュージアムショップ
チケットの取り置き予約(千円、当日渡し)受け付けております。

 

後援

鳥取市、鳥取市教育委員会、新日本海新聞社

 

主催

鳥取コミュニティシネマ

 

連絡先

電話・080-8907-9293、メール・torikomi@jt4.so-net.ne.jp

 

コピーライト:(C)Red Carpet Moving Pictures
https://www.youtube.com/watch?v=e7xg4bMys90

 

最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp