とっとり県政だより2019(令和元)年5月号
3/16

2019.53住民が集う憩いの公園づくり  県内各地に数多くある公園や緑地。その多くは自治会や近隣住民による団体によって日々維持管理されています。鳥取市美萩野にある「あじさい公園愛護会」もそんな管理団体の一つ。1982(昭和57)年に公共空地の管理を目的に、地域住民によって設立され、約3千株のアジサイや数千株にも及ぶ草木を栽培。約15人のメンバーのうち、都合のつく人が日替わりで維持管理作業をしています。空き地は「あじさい公園」として親しまれ、アジサイが咲き誇る6、7月を中心に多くの人が訪れます。 同会の活動は緑化推進運動の模範として、昨年開催された「第29回全国『みどりの愛護』のつどい」において国土交通大臣表彰を受けました。「公園やその周りをきれいにすることで、ごみが減り、活気が生まれ、独居のお年寄りが外に出るようになった。今後も環境を維持し、守り続けていきたい」と語る会長の中原司朗さん。広がる緑が人々を引き付け、地域の元気につながっています。P●鳥取市立末恒小学校●末恒地区公民館白兎保育園●◀倉吉・米子京都▶◀米子鳥取▶●あじさい公園末恒駅(末恒駅徒歩3分)あじさい公園は列車から見ることもできる県庁緑豊かな自然課☎0857-26-7981  0857-26-7561問F第30回 全国「みどりの愛護」のつどい記念植樹の樹種※17日(金)と18日(土)は終日、パーク内施設が利用できなくなります。そのほか、近隣施設や駐車場の利用制限については下記ホームページで。https://www.pref.tottori.lg.jp/274647.htm日時/5月18日(土) 午前10時から場所/コカ・コーラ ボトラーズジャパン スポーツパーク(鳥取市布勢)マメナシ 県を代表する名産品・梨の台木として県内で生産。梨生産の基礎を担う樹種。春には白く美しい花が咲き誇り、秋の紅葉は鮮やかで見応えがある。倉吉パークスクエア前の並木が有名。[内 容]●みどりの愛護活動事例紹介●みどりの愛護功労者 国土交通大臣表彰 ●鳥取県都市緑化功労者 知事表彰●伝統芸能披露●記念植樹 など倉吉パークスクエアのマメナシとっとり花回廊のヤマボウシヤマボウシ 県内の山野に広く生育。初夏に淡黄色の小さな花と花を覆う白色の葉が4枚開く。2013(平成25)年鳥取県開催の全国植樹祭で植えられた樹種。~あじさい公園愛護会~なかはら し ろう※「つどい」は招待者のみが参加できる行事です。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です