とっとり県政だより2019(令和元)年5月号
2/16

 全国各地から、緑化に取り組む関係者が集まる「全国『みどりの愛護』のつどい」が18日(土)に、鳥取市で行われます。これを記念し、県は、同日と翌日、「グリーンフェスタ in とっとり2019」を開催。一方、県内には、緑化活動を通じて人と人とがつながり、活気が生まれた地域が多くあります。皆さんも「つどい」やフェスタで「緑がもたらす力」を体感し、暮らしに緑を取り入れてみましょう。 「全国『みどりの愛護』のつどい」は、5月4日の「みどりの日」にちなみ、公園緑地の愛護団体や、地域の緑化活動団体などの関係者が集まって日ごろの活動を顕彰するもの。今年は鳥取市のコカ·コーラ ボトラーズジャパンスポーツパークで18日(土)に開催され、みどりの愛護団体に対する国土交通大臣表彰や記念植樹などが行われます。 県内では、特製の移植ごてをバトンに各市町村が記念植樹を行う「みどりのリレー」や、緑化に関するシンポジウムなどを各地で行い、意識の高揚を図ってきました。 このたびの「つどい」では、全国から緑を愛する関係者を招待。多くの参加者に「とっとり」の魅力を感じてもらうこの好機に、改めて鳥取県らしい、緑を生かした活動をPRします。2019.52人に地域に、  活気もたらす緑人に地域に、  活気もたらす緑〜「全国『みどりの愛護』のつどい」を好機に〜地域住民によって管理されているあじさい公園内のお花畑々、花の管理をするあじさい公園愛護会のメンバー全国からみどりを愛する団体が集結

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です