活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2018年8月16日

日南町の大宮炭関係用具の調査を実施

 民俗部会は、7月15、16日の2日間、日南町大宮地区の特産品であった大宮炭関係用具調査を実施しました。

 日南町大宮地区では、たたら製鉄用の炭から始まり、黒炭(家庭炭)最終的には高度な技術を要する白炭(高級品)の生産をまで行い、大宮炭というブランドを有していました。

 大宮まちづくり協議会の活動拠点、旧大宮小学校校舎には、この大宮炭に関する展示室「大宮焼炭の里」が開設されており、そこに収蔵展示される資料を調査しました。

 今回はこの資料の収集、展示の中心となった田淵恭さん(元鳥取県木炭検査員)に詳しく炭焼き道具類について説明いただしました。

道具類について質問する調査委員の写真
「木背負いこ」について田淵さんに質問をする調査委員
道具類について説明する田淵さんの写真
「木背負いこ」の使用方法について説明する田淵さん
道具類について説明する田淵さんの写真
木炭の検査方法について説明する田淵さん

 今回の調査は今年度刊行される『新鳥取県史 民俗2 民具編』に反映されます。調査に御協力いただいた田淵さん、大宮まちづくり協議会の皆様に厚く御礼申し上げます。

県史編さん室

公文書館 2018/08/16 in 県史編さん室,調査

2018年7月19日

地域歴史資料所在調査を実施中

 鳥取県内各地の旧家に保管されている古文書が、所蔵者の世代交代や核家族化の進展、転居・改築等で近年急速に失われています。
 公文書館では地域歴史資料所在調査として、これら貴重な歴史資料を確実に後世に残していくために、市町村や歴史研究者と協力しつつ、所在情報の収集を行っています。まず現地調査を行って資料の所在状況・保管状況を確認し、その成果は市町村とも共有し、災害時における文書救援や資料保存等に活用します。
 平成30年6月中旬には、県内某神社にて現地調査(所在調査)を実施し、未紹介史料を多く含む史料群であることを確認し、社務所に保管されていた段ボール1箱分の古文書を借用、公文書館職員等が公文書館において、史料カード作成・写真撮影・目録作成等の詳細調査を行いました。
古文書の内容等を史料カードに記入する様子の写真
古文書の内容等を史料カードに記入する様子
古文書を撮影する様子の写真
古文書を撮影する様子
公文書館

公文書館 2018/07/19 in 調査

2018年7月13日

おうちだにアカデミーに出講しました

 鳥取の歴史に関する最新の調査・研究成果を紹介する郷土講座「おうちだにアカデミー」(鳥取市歴史博物館主催)に県史編さん室の職員2名が参加しました。

5月26日写真
5月26日(土)午後2時~3時 西村芳将「鳥取大火後の防火建築帯について」
6月23日写真
6月23日(土)午後2時~3時 八幡一寛「近世因幡地域の神社と神職について」
県史編さん室

公文書館 2018/07/13 in 県史編さん室,講座などのイベント

2018年7月10日

平成30年度第1回新鳥取県史編さん委員会民俗部会

 平成30年7月9日(月)、平成30年度第1回新鳥取県史編さん委員会民俗部会を開催しました。

 会議では、平成29年度事業の実施結果について報告し、平成30年度刊行予定の『新鳥取県史 民俗2 民具編』の編集スケジュール及び内容、編さん事業終了後の取り組みなどについて協議しました。

民俗部会での協議の様子の写真
民俗部会での協議の様子
県史編さん室

公文書館 2018/07/10 in 会議など,県史編さん室

2018年6月25日

平成30年度第1回新鳥取県史編さん委員会近世部会を開催

 平成30年6月13日(水)、平成30年度第1回新鳥取県史編さん委員会近世部会を開催しました。

 会議では、平成29年度事業の実施結果について報告し、平成30年度刊行予定の『新鳥取県史 資料編 近世6 因府歴年大雑集』、ブックレットの編集スケジュール、方針について協議しました。

近世部会での協議の様子の写真
近世部会での協議の様子

また部会終了後、資料編掲載資料の検討会を実施しました。

県史編さん室

公文書館 2018/06/25 in 会議など,県史編さん室