当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2014年1月4日」で絞込み

2014年1月4日

皆さん、あけましておめでとうございます!

2014年、最初の日記です。今年の日記のテーマは鳥取砂丘をより深く知っていただこうと考え、「アベノミクス」ならぬ、「砂ノミクス」・その意味は鳥取砂丘の代表的な特性のある地形を多くの人にもっと知っていただく。」
自分が思いついたものですが、少しでもわかりやすく書いていきたいと思います。
鳥取砂丘には代表的な地形は7つあるので、7本の矢かな?是非、ご拝読くださいね。

さて 今日の鳥取砂丘は朝から雨模様で気温も低く肌寒い1日でした。週間天気予報では、今週末くらいに雪マークも出ていました。
ここ山陰地方は、とにかくよく雨が降る地域でして、鳥取砂丘の年間降水量は年平均1,800ミリほどあります。(ちなみに暑い砂漠地方は年200ミリくらい。)
(今日の馬の背)


この砂丘に降った雨の8~9割は蒸発散をまぬがれ地中に浸透し、写真の真ん中辺りに見える、通称 オアシスに湧き水が溜まります。

それから鳥取砂丘では、冬から春にかけて風速10mをこえるような北西の強い風が吹きます。1月~2月が平均風速の最も速い時期です。
その為、飛砂の被害から田畑や家を守るため苦労の末、砂防林を作りあげています。砂丘地に基盤の目状に静砂垣をめぐらし、クロマツや広葉樹を植えました。
(一般的に飛砂の量は、風速の3乗に比例するそうです。)
 


終わりに、本日の砂丘は皆さんの帰省がピークの為か少なめでしたが、
☆このお二人が鳥取砂丘へやって来てくれました!
彼は初めての鳥取砂丘だそうです。なので彼女がこのお正月に連れて来て下さいました!
 
☆とても、とても爽やかなカップルでした。また今度砂丘に来た時、ずっ~と向こうから愛を叫んでも聞こえそうなお二人でした!

また、鳥取砂丘へお越し下さいね!

~青レンジャー~

砂丘事務所 2014/01/04

2014年1月
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

月別アーカイブ