当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2013年8月17日」で絞込み

2013年8月17日

砂丘の地層を作ってみよう!

鳥取砂丘魅力満喫ジオツアー夏休みスペシャル第3弾。

今日は、砂丘の地層を学びながら、実際に地層のレプリカを作りました。

砂丘ってどうやってできたのかな?砂丘の地下ってどうなっているのかな?

まずはそこからお勉強です。

表面に見える砂の下には、九州の阿蘇山や大山などから飛んできた火山灰が積もった火山灰層、その下にはちょっと粘りけのある古砂丘があります。
火山灰層の説明

火山灰がいつどこからやってきたのか。参加した子供たちは説明を聞き一生懸命メモをとっていました。


次は、砂丘の地層が実際に見ることのできる”火山灰層露頭”へ移動。

新砂丘層、火山灰層、古砂丘層それぞれを目で見て、実際に手触りを体験。
火山灰層露頭

レプリカを作るため、地層の様子をスケッチしてもらいました。
露頭のスケッチ

いよいよレプリカ作り。
台紙に糊を塗りその上にそれぞれの地層の砂を貼り付けます。
砂の糊付け

レプリカができたら、今度は火山灰の中にある石(鉱物)を調べます。

水で余分な土をきれいに流し、鉱物だけにしました。
鉱物の抽出

なかなか余分な土地が除けなく、苦労しているお子さんも。

できあがったものは、砂が落ちないようにラミネートで固めました。
レプリカの完成

これで夏休みの宿題はOKかな?


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/08/17

2013年8月
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ