募集

RSS 1.0
学生がオンラインで新たな企画にチャレンジする「とっとりオンラインコミュニティ」のキックオフ交流会を10月28日(水)、10月29日(木)に開催します。
ビジネスソフトに関する知識及び技能を習得し、幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指す3か月のコースです。託児サービスがついています。募集期間は令和2年10月30日(金)から令和2年12月14日(月)正午までです。
ビジネスソフトに関する知識及び技能と、ビジネスナマナーを習得し、幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指す3か月のコースです。募集期間は、令和2年10月19日(月)から令和2年11月25日(水)正午までです。
第5次鳥取県男女共同参画計画(素案)に対して、県民の皆様からのご意見を募集します。
倉吉校施設内で実施する総合実務科(知的障がい者対象訓練)の令和3年度入校生を募集します。願書受付は、10月1日(木)から10月30日(金)までです。
企業の経理部門及び事務部門において必要とされる、簿記・経理と電子会計ソフト及び事務系ビジネスソフト(ワープロ、表計算等)の基本的知識と技能を習得し、あわせてビジネス実務で求められるコミュニケーション能力、マナー等の習得を目指す。 令和2年11月12日(木)正午まで募集しています。
施設内で実施する普通課程の令和3年度入校生を募集します。願書受付期間は令和2年10月1日から10月30日までです。
国勢調査の結果を予想するクイズです。応募期間は令和2年9月1日午前9時から9月30日午後5時までです。
介護に直面した時の対応や介護を取りまく諸制度についてのセミナー、介護への備え、介護と仕事の両立につながる助言を行うコーディネーターを無料で派遣します。
第3回新規就農者セミナーとして、3回シリーズで開催します。
県内の勤労者及びそのご家族の創作活動の成果を発表する美術展の出品作品を募集します(出品の事前申込受付期間:令和元年11月1日(金)から12月25日(水)(必着)まで)。
 鳥取県公式ホームページ「とりネット」トップページに掲載するバナー広告を募集中です。
令和元年10月1日から、電気工事士免状の交付や再交付、書換え交付の申請手数料が変更(いずれも100円の値上げ)となりますので、申請の際はご注意ください。
企業・組織内で具体的な「働き方改革」につなげるための 知識・ノウハウを学べる講座として、生産性の向上、働きやすい職場づくりの支援に実績のある講師を複数迎え、多様なテーマでセミナーを実施します。 加えてセミナーの受講者のうち希望者に対して、セミナーで講師を務めていただいた方をコンサルタントとして派遣し、働き方改革の取り組みを支援します。
造園に携わる県内事業者へ文化財庭園に関する理解の促進を図るとともに、保存修理及び保存管理の技術を有する人材育成の契機とするため、鳥取県文化財庭園技術者講習会を開催します。
[部門]一般の部/高校生以下の部 [テーマ]自由。ただし山陰地方で撮影したものに限られます。
“水と緑と史跡のまち よどえ”の魅力を再発見し発信していくため、米子市淀江町地域の魅力を表現していただくフォトコンテストです。写真を見た人が淀江町地域を訪れてみたくなる、そんな1枚をお待ちしています。
とっとり梨の花温泉郷がもっと楽しくなる! 自慢の特産品が当たるスタンプラリーを今年も開催!春・夏・秋の旬な特産品などなど、自慢の逸品をどど~んと抽選でプレゼント♪観て・遊んで・スタンプ押して賞品をGETしよう!
三朝温泉の和紙灯りを撮影してInstagramに投稿しよう。優秀作品には豪華賞品が
加盟店で500円以上の昼食事1回につき1個スタンプ、異なる飲食店のスタンプを4個で500円、8個で1000円、12個で1500円の食事券を、13店舗以上で2000円のお食事券と日野町特産・原木乾燥しいたけをプレゼント!
キャンペーン期間中に対象施設に泊まると、鳥取市・西いなば地域の特産品が当たります。
鳥取県は、奈良時代に万葉歌人大伴家持が因幡国(現在の鳥取県東部)の国守に、山上憶良が伯耆国(現在の鳥取県中部・西部)の国守に赴任し、万葉集の最後の歌が大伴家持によって詠まれた万葉集ゆかりの地です。 このたび、令和のはじめに、県内の万葉集ゆかりの地を周遊いただくため、『「令和 万葉の郷とっとりけん」スタンプラリーキャンペーン』を実施します。
スタンプを集めると抽選でとっとり・西いなばの特産品が当たる!
倉吉春まつりのイベントにお出かけいただき、各イベントの写真や倉吉の春の風景を、インスタグラム・ツイッターに投稿! ハッシュタグ「#倉吉春まつり19フォトコン」と撮影地又はイベント名を付けてください♪ 受賞者には素敵なプレゼントがあります。
テーマ「窓」
『アートピアとっとり行動指針』案のパブリックコメント実施結果
一生懸命広報しているのに集客に結びつかないのはなぜ?そんなお悩みを持つ方へ、SNSを起点に新しいフィールドのお客様へ自分の事業の魅力を伝える、足を運んでもらうためのPR方法についてお話しして頂きます。 また、今年起業10年を迎え、ますます活躍されている講師の起業ストーリーもお聞きします。
これから事業を始めたい女性の方から既に起業された女性の方まで、事業計画書って何?という基本から、陥りがちな失敗事例までを学ぶセミナーを開催します。自分自身の事業プランを見つめなおしてみましょう。
平成30年10月26日に予定されている鳥取砂丘ビジターセンターのオープンを盛り上げ、鳥取砂丘の魅力を広く発信するため、「草も生えるが写真はもっと映える!!#インスナ映えキャンペ~ン」(応募期間は平成30年9月13日から平成30年12月28日)を実施します。鳥取砂丘の「すなばしさ」が伝わる写真の応募をお待ちしております。
今年度開催される『第3回「山の日」記念全国大会』の開催を機に、鳥取県の豊かな自然や山の魅力をを活かし大会の機運醸成等の取組を実施する団体等を支援します。
恋人や夫婦2人で来店されたカップルを対象に特典サービスを提供してくださる協賛店舗を募集中です!
※クリックすると鳥取県内の中国自然歩道のルート等の詳細が掲載されている「とっとりwebマップ」のページに移動します
本県の豊かな自然を活用し、自然体験活動を行う保育所、幼稚園等を認証する制度を創設しました。 平成29年9月12日付けで18園を認証しました。
平成29年3月24日(金)午後1時より、鳥取県立図書館で「平成28年度デザインセミナー」を開催します。アメリカでヒットし逆輸入された輪ゴム「アニマルラバーバンド」を世に送り出した、アッシュコンセプト株式会社 代表取締役 名児耶秀美氏に御講演いただきます。ぜひ御参加ください。
鳥取県内の自然公園、長距離自然歩道、鳥獣保護区、自然環境保全地域(以下「自然公園等」という。)において、優れた自然環境を大切に保護し、後世に引き継いでいくために、自然公園等におけるルール・マナーの普及啓発活動や監視活動等に携わっていただける方を「自然保護ボランティア」として募集します。
鳥取県内の自然公園等で活動していただくボランティアを募集しています。
景気動向指数のほか各種経済指標を収集・分析したレポート『鳥取県の経済動向』平成29年2月号を、PDFファイルで公開します。統計表はMS-Excelファイルでもダウンロードしていただけます。
介護人材確保に向けて、特に若い世代の参入を図るとともに、若手職員のモチベーションアップ、定着を図るため、介護の魅力を広く発信するフォーラムを開催します。 ついては、当該事業の実施に当たり、創意工夫により最も効果的に実施できる事業者を選定するためのプロポーザルを行います。
えんトリー(とっとり出会いサポートセンター)では、結婚を希望する男女の一対一のお引合せ(マッチング)の支援をしてくださるボランティア「出会いサポーター」を募集しています。
中海の水質改善の取り組みの一環として、五感(見る・聞く・触れる・臭う・味わう)による県民参加型の湖沼環境調査を平成19年10月から実施しています。
異なる企業・団体・業種との交流を希望する独身グループ同士をマッチングさせるプロジェクトの参加グループを募集中です。
介護職員のほか、家族を介護している方、介護しながら働いている方、地域で介護支援ボランティアを行う方なども、対象です!
4月1日より、とっとり県民活動活性化センター(愛称:てとり)がクラウドファンディングサイト「FAAVO鳥取」の地域オーナーとなりました。
県産農林水産物を使用した加工品の開発、販路開拓を支援する事業です。
平成27年度BSSラジオ「食のみやこ鳥取探検隊が行く」出演者を募集しています。
鳥取県森林環境保全税を活用した、広く県民の皆さまに森林づくりへの参加を促す森林体験や森林環境教育活動などについて、平成27年度に取り組む企画を募集します。
「栽培・料理・共食」の実践に繋がる食育活動を表彰します。自薦他薦は問いません。募集期間は9月11日(木)まで。
統計にまつわるコラム「統計百景」の第15回を掲載します。今回のタイトルは「ハイブリッド車の普及に注目」。全国消費実態調査のデータから見るハイブリッド車の普及状況は?
このコーナーでは、本県産農林水産物やそれらを原料にした加工食品の生産者等の方々に、ラジオ番組内でのパーソナリティとの対話による商品のおいしさやこだわりを広く発信していただきます。PRを希望される方は、是非ご応募ください。
 季節も春に変わり、ウォーキングシーズンが到来したことから、多くの県民の皆様が、鳥取県が提供しているウォーキングシステム「とりっぽ(歩)」を使ってウォーキングに取り組むきっかけとしていただけるよう、このたび、とりっぽ(歩)の新規会員登録を対象としたウォーキングキャンペーンを実施します。
11月15日(金)から17日(日)まで、日本財団(東京都)の主催により、韓国からの演者も参加する手話演劇のワークショップが本県で開催されます。是非ご参加ください。
平成25年10月12日(土)に舞台演出家の黒田百合氏を講師にお迎えしてワークショップを開催します。障がいのある方とともに創るアートに関心のある方は、是非ご参加ください。
「きらきらアート展」は、障がいのある人たちの作品を鳥取県内から公募するアートの展覧会です。その作品を広く募集します。
内閣府及び都道府県の共催で、障がいのある人とない人との心のふれあいの体験をつづった『心の輪を広げる体験作文』及び、障がいのある人に対する理解の促進等に資するもので、障がいのある人とない人の間の相互理解を促進する内容の『障害者週間ポスター』を募集します。
障がいのある方の芸術文化活動の一層の推進を図るため、新たに活動を始める、または、既存の障がいのある方を含むグループ・団体が、作品展への出展や発表会への出演などを目指し、指導者等の指導を受けながら行うアート活動、または活動内容のレベル向上を目指す取組等に対して支援を行う制度です。
要約筆記者については、従来より高い専門性が求められていたことから、鳥取県では平成24年度から要約筆記奉仕員の養成を廃止し、新たに要約筆記者の養成を行います。
水野商事(株)と鳥取県は、平成24年2月13日に『とっとりの森「カーボン・オフセット」パートナー協定』の調印式を行いました。
県は、智頭町芦津財産区のオフセット・クレジット(J-VER)を購入し、カーボン・オフセットを実施したとして、全日本空輸(株)と一般社団法人more treesを、「J-VERとっとりの森を守る優良企業」に認定しました(認定日:平成24年2月11日)。今回の認定は第2号となります。
寿ホームズ(株)と鳥取県は、平成24年2月6日に『とっとりの森「カーボン・オフセット」パートナー協定』の調印式を行いました。
鳥取県内の森林(県有林を除く。)で認証されたJ-VERを購入し、カーボン・オフセットに取り組む企業、団体を、「J-VERとっとりの森を守る優良企業(団体)」として認定します。
現在開催している、主催者からの申込に応じる出前研修「あいサポーター研修」ではなく、だれでも参加できる「公開講座・あいサポーター研修」を開催します。 積極的なご参加をお待ちしております。
 本県では、最も手軽に取り組める健康づくりの手法としてウォーキングの普及を図っており、平成23年度は、22年度にスタートした「ウォーキング立県19のまちを歩こう事業」の継続と、県民の皆様の日常的なウォーキングの定着を目指して新たに「ケータイで健康づくりウォーキング推進事業」などの取組を行い、各種取組について紹介しています。  また、ウォーキング大会の開催経費を補助する制度についても掲載していますので、是非御覧ください。
カーボン・オフセットに取り組む県内の事業者、団体と県有林J-VERのマッチングを行うJ-VER地域コーディネーターを募集します。
誰もが暮らしやすい地域社会(共生社会)の実現を目指し、「あいサポーター」の普及等に積極的に取り組んでいただける企業、団体を募集します。
戸建て住宅又は集合住宅について、一定量以上の県産材を活用して、増改築、リフォーム及び修繕をされるかたについて、1件につき最大40万円を助成します。
 

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000