「大山山麓の至宝~『大山』ゆかりの刀を中心に~」開催のお知らせ

7月29日から8月26日まで、米子市美術館で、刀剣を中心とした特別展「大山山麓の至宝」が開催されます。

重要文化財・重要美術品指定を含む「伯耆安綱」在銘の太刀が3振一堂に展示される非常に貴重な展示になります。

その他にも、春日大社で発見された日本最古級の「古伯耆」や大神山神社蔵・東京国立博物館寄託の「太刀 銘 備州長船住兼光」及び「金熨斗付合口(兼光の拵)」も里帰り展示されます。

多くの貴重な「大山山麓の至宝」を直接見ることができる機会です。
多くの方のご来場をお待ちしております。


  photo  photo
  

概要

会期

    平成30年7月29日(日曜日)から8月26日(日曜日)まで
    ※水曜日休館

開館時間

    午前10時から午後6時(最終入館は午後5時30分まで)

場所

    米子市美術館 (米子市中町12番地)

展示概要・主な展示作品

    展示概要(PDF146KB)
    主な展示作品(PDF258KB)

主催

    伯耆国「大山開山1300年祭」実行委員会、米子市、米子市教育委員会、一般財団法人米子市文化財団米子市美術館

共催

    鳥取県、大山町、鳥取県教育委員会、鳥取県立博物館

(1)記念講演

日時

    平成30年7月29日(日曜日)  
    午後2時~午後3時30分(開場1時30分)

会場

    米子市立図書館 2階研修室 (米子市中町8番地)

演題

    伯耆国、大山ゆかりの刀剣について

講師

    東京国立博物館主任研究員 酒井 元樹 氏

定員

    120名(要申込)

申込方法

    電話または電子メールで、氏名、住所、電話番号を添え下記申込先まで事前にお申込みください(定員になり次第締め切ります)。

お申込先

    鳥取県西部総合事務所地域振興局大山振興室
    〒683-0054 鳥取県米子市麹町1丁目160 1F
    電話 0859-31-9363
    電子メール seibu-shinkou@pref.tottori.lg.jp

(2)日本刀 研師・鞘師 実演

日時

    平成30年8月5日(日曜日)  
    午後1時30分~午後3時30分

会場

    米子市立図書館 2階研修室 (米子市中町8番地)

講師

    研師 森井 偲訓 氏
    研師 森井 鐵太郎 氏
    鞘師 森井 敦央 氏

定員

    80名(要申込)
    ※対象小学3年以上(小学生は保護者同伴)

申込方法

    往復はがきに、「氏名(2名まで)、年齢(学生の場合は学年も)、代表者の郵便番号・住所・電話番号」を記入し、下記申込先の住所で、「日本刀研師・鞘師 実演 受講申込」係宛へお送りください。
    定員になり次第締め切ります。

お申込先

    鳥取県西部総合事務所地域振興局大山振興室
    〒683-0054 鳥取県米子市麹町1丁目160 1F
    電話 0859-31-9363
    電子メール seibu-shinkou@pref.tottori.lg.jp

(3)ギャラリートーク

日時

    平成30年8月18日(土曜日)  
    午後2時~

会場

    米子市美術館 本展展示室内 (米子市中町12番地)

講師

    公益財団法人日本刀文化振興協会 理事 森井 偲訓 氏
    その他、鳥取県立博物館・米子市美術館学芸員 など

申込方法

    事前のお申込みは不要です。直接会場へお越しください。