当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
利用案内 

博物館オリジナルグッズ

企画展や所蔵品をもとに製作した博物館オリジナルの商品です

       トートバッグ3  

               

【 オリジナルトートバッグ 】

国の天然記念物で「生きている化石」と呼ばれているオオサンショウウオが可愛らしいトートバッグに

なりました。

                 

                      トートバッグ1

    

                 オリジナルトートバッグ(大)  ピンク・グリーン 各1,000円    オリジナルトートバッグ(小)  ピンク・グリーン 各500円

                             38×35×マチ9.5cm 生成厚地               33×25.5×マチなしA4サイズ 生成薄地 

       

tssdfsた

 【 オリジナルボールペン 】

日常的に使用していただける、鳥取県立博物館のロゴ入りボールペンを製作いたしました。

博物館のイメージカラーであるオレンジと爽やかなブルーの2色をご用意しています。

                pen

                                                                                オリジナルボールペン(2色) 各100円

  gds

【 橋本興家オリジナル風呂敷 】

橋本興家は1899年八頭郡船岡町(現八頭町)に生まれ、東京美術学校で学びました。日本の創作版画の草分けの一人として知られ、代表作に「日本の城」連作があります。大胆な構図と豊かな色彩の木版画で知られています。鳥取砂丘に取材した本作品においては色彩が抑制され、風紋の規則正しいパターンに対しておかれた黄色い花のアクセントが効果的です。

                      0151

                                                                     橋本興家風呂敷 2,100円

                                                            丹後ちりめん レーヨン100% 68×68cm

 fds

【 沖一峨一筆箋 】

沖一峨は江戸深川の児玉家に生まれ、  45才の時に代々鳥取藩の御用絵師を務めた沖家の七代目を継ぎました。沖家は江戸定詰の絵師でしたので、一峨はその生涯のほとんどを江戸で過ごしたことになります。一峨は他の藩絵師と同じように、はじめ幕府の奥絵師であった鍛冶橋狩野の門に学びましたが、その技法を墨守するにとどまらず、大和絵、琳派、写生派、浮世絵なども研究、多様な画風を展開しました。特に琳派の影響の見られる装飾的で華麗な花鳥画は、一峨独自の世界を創り上げているといえるでしょう。

特別展「沖一峨 OKI ICHIGA 鳥取藩御用絵師」(会期:平成18年10月7日(土)~11月5日(日))の開催を記念し、下記のとおり、ミュージアムグッズを販売しています。

実用品やお土産として、是非お買い求めください。

また、絵はがき欄でも沖一峨の作品を掲載していますので、あわせてご覧ください。 

fhsjh

                                     沖一峨一筆箋(業平・草花耕作図 秋)江戸時代                  

                                                      < 業平・草花耕作図(秋) > 税込300円                 

                                                                   18.2×8cm 20枚綴り

 g

  沖一峨 一筆箋(花杲方円図)江戸時代         沖一峨 一筆箋(月に綿花図)江戸時代

                   < 花杲方円図 >  税込300円                     < 月に綿花図 >   税込300円

                         18.2×8cm 20枚綴りsg   s                       18.2×8cm 20枚綴り 

fsa                                                                                                    

【 片山楊谷/島田元旦 一筆箋 】

企画展「楊谷と元旦」ー因幡画壇の奇才ー」(会期:平成22年5月22日~6月20日)の開催を記念し、下記のとおり、一筆箋を販売しています。    

                                                                    

                  虎の図                        玉兎図

                   片山楊谷 筆 < トラの図> 税込300円                島田元旦 筆 < 玉兎図 > 税込300円

                          18.2×8cm 20枚綴り                                       18.2×8cm 20枚綴りgsd

hjkh

 片山楊谷(かたやま・ようこく 1760~1801)と島田元旦(しまだ・げんたん 1778~1840)は、江戸時代の鳥取を代表する画家です。楊谷は長崎に生まれ、諸国を巡遊し、エキゾチックな作風で当時の人々を魅了しました。特に虎や人物の髪などの緻密な毛描きの描法は圧巻で、大変人気を呼びました。

 一方の元旦は、谷文晁の弟として江戸で生まれ、中国画や古画、油彩画などを幅広く学習し、のちにデザイン性の高い画風を展開しました。そのマニアックとも言える独特な造形世界は、今日のわたしたちの目にも斬新なものと映ることでしょう。

                              


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp