当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

2.「持続性の高い農業生産方式を促進する技術」とは

 エコファーマーになるには、土づくり、化学肥料・農薬の低減を一体的に行なう生産方式導入について、下表に挙げられた生産技術に取り組む必要があります。
 これら「土づくり」、「化学肥料低減」、「化学農薬低減」の技術は、環境と調和しつつ、その生産力を維持・促進することができる非常にバランスの取れたものです。

1.土づくり(堆肥、その他有機質資材の施用に関する技術) 



(1)堆肥等有機質資材施用技術 土壌調査の結果に基づいて、適正量の堆肥を施用する
(2)緑肥作物利用技術 土壌調査の結果に基づいて、緑肥作物を栽培して農地にすき込む

2.化学肥料低減(肥料の施用に関する技術)

(1)局所施肥技術 肥料を作物の根の周辺に集中的に施用する
(2)肥効調節型肥料施用技術 肥料成分の土壌中で溶け出す速度を調節した化学肥料を施用する
(3)有機質肥料施用技術 油粕などの有機質肥料を原料とした肥料を施用する

3.化学農薬低減(有害動植物の防除に関する技術)

(1)温湯種子消毒 種子を温湯に浸漬することにより有害動植物を駆除する
(2)機械除草技術 有害植物を機械的方法により駆除する
(3)除草用動物利用技術 アイガモなど小動物を有害植物駆除のために農地に放し飼いにする
(4)生物農薬利用技術 農薬登録を受けた天敵生物等を利用し病害虫を駆除する
(5)対抗植物利用技術 土壌中の有害動植物を駆除・防止する効果のある植物を栽培する
(6)抵抗性品種栽培・台木利用技術 有害動植物に強い品種や台木を利用して栽培する
(7)天然物質由来農薬利用技術 有効成分が化学的に合成されていない農薬を利用する技術
(8)土壌還元消毒技術  土壌中の酸素の濃度を低下させることにより有害動植物を駆除する
(9)熱利用土壌消毒技術 土壌に熱を加えて温度を上昇させることにより有害動植物を駆除する
(10)光利用技術 有害動植物を誘引、忌避する効果を有する光を利用して駆除、まん延防止をする
(11)被覆栽培技術 フィルムなどの被覆により有害動植物の付着を防止する
(12)フェロモン剤利用技術 害虫にフェロモン作用を有する物質を有効成分とする薬剤を使用する
(13)マルチ栽培技術 土壌の表面を有害動植物のまん延を防止するための資材で被覆する

(関連ページ)農林水産省ホームページ
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000