当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律の概要

「出会い系サイト規制法」は、出会い系サイトの利用に起因する児童買春、その他の犯罪から児童を保護するため、平成15年に制定されました。

<主な内容>

 ○ 児童を性交の相手方となるように誘引する行為の禁止
 ○ 児童による出会い系サイトの利用を防止するための義務

 しかし、その後も児童被害は増加をたどっており、この対策として平成20年、法律の改正が行われ12月から施行されました。

<主な改正点>

 ○ 出会い系サイト事業者に対する規制強化

  ・ 営業を行おうとする者は、公安委員会へ届出義務
  ・ 暴力団員等の営業禁止
  ・ 児童に対する誘引防止措置の義務化
  ・ 罰則強化

 ○ 児童による出会い系サイト利用防止のための義務
  ・ プロバイダ等は、フィルタリング等の利用防止手段の提供義務
  ・ 児童の保護者は、フィルタリング等を利用させる義務

 ※ 詳しいことは、警察庁ホームページをご覧ください。

  

インターネット異性紹介事業に係る届出様式