メンテナンスのため、12月8日(火) 1時~3時00分(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

「前田昭博白瓷展」を高島屋大阪店で開催

 11月11日(水)から17日(火)まで、前田昭博(まえたあきひろ)氏が7年振りに高島屋大阪店で個展を開催。50点の作品を出品します。

前田昭博氏は、2013年(平成25年)に鳥取県で初の人間国宝(国の重要無形文化財「白磁」保持者)に認定された、日本工芸界を代表する作家で、2019年度には日本陶磁協会賞金賞も受賞されました。大学在学中に白磁と出会い、造形性の強い作風の伝統的な作品を発表しています。面取りを施した形態に柔らかで透明感のある釉薬を掛けた作品は、光と影による陰影が美しく現代感覚にあふれ、国内外の展覧会で数多く受賞し美術館にも作品が収蔵されています。

※11月11日(水)から15日(日)には、展覧会場に前田昭博氏も在廊される予定です。

 前田昭博氏のご紹介はこちらをご覧ください

 →https://www.pref.tottori.lg.jp/289916.htm

 

  

会期・会場

会期:2020年11月11日(水)から17日(火)

会場:高島屋大阪店 6階美術画廊 (大阪市中央区難波5丁目1番5号)

出品点数:50点

 高島屋大阪店のアクセス情報はこちらをご覧ください(外部リンク)

 →https://www.takashimaya.co.jp/osaka/access/

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000