まんが王国とっとりバナー

平成30年度まんが王国とっとり活動推進アドバイザー派遣事業に係る実施要綱

平成30年度まんが王国とっとり活動推進アドバイザー派遣事業に係る実施要綱

1 事業の目的
  本事業は、さまざまな主体によるまんが王国とっとりの取組を促進するため、
 まんがを活かした地域振興に取り組む市町村、企業、団体等に対して鳥取県観光
 交流局まんが王国官房(以下「まんが王国官房」という。)が依頼するアドバイ
 ザーを派遣し、助言等を行い、活動の底上げを図ることを目的とする。
 
2 派遣の対象
  本事業によるアドバイザーの派遣は、鳥取県まんが王国活動支援補助金(以下
 「補助金」という。)交付要綱における事業実施主体の資格を有する者を対象と
 する。

3 派遣の期間及び回数
  本事業によりアドバイザーを派遣する期間及び回数は、次のとおりとする。
 

区分

 期間

回数

 補助金交付団体  補助事業の事業実施期間 6回まで
 同 不交付団体  平成31年3月末日まで  1回
 

4 派遣の申込み
  本事業によるアドバイザーの派遣を希望する者は、「まんが王国とっとり活動
 推進アドバイザー派遣申込書」(様式第1号)をまんが王国官房に送付するものと
 する。
  申込みの締切りは、平成30年10月26日(金)とする。

5 派遣の時期
  アドバイザーを派遣する時期は、関係者と調整の上、まんが王国官房が決定す
 る。

6 費用の負担
  アドバイザーの派遣に要する経費(アドバイザーの旅費及び謝金)は、まんが
 王国官房が負担しアドバイザーへ直接支払う。
  講師、ゲスト等としてアドバイザーが事業に参加する場合の経費は、事業実施
 主体が負担するものとする。

7 受入結果報告
  アドバイザーを派遣された者は、助言等を受けた日から14日以内に、「まんが
 王国とっとり活動推進アドバイザー受入結果報告書」(様式第2号)をまんが王国
 官房に提出するものとする。

アドバイザー紹介

○吉村 領 氏

よしむら・りょう
土佐の一本釣り・はるちゃん・まぐろ土佐船などを描いた漫画家・故青柳裕介氏を父に持ち、自身は地元・高知県で漫画の普及に尽力。

高校生の漫画日本一を決める全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)では、まんが王国・土佐推進協議会のまんが王国推進部会部会長として高知県とともに大会を運営。
NPO法人マンガミットの理事長を務め、制作や企画など漫画全般のアドバイスを行うなど若手の育成に情熱を注ぐ。幕末に日本の未来のため奮闘した高知出身の偉人・坂本龍馬に掛け、自ら「平成の龍馬」を名乗りまんがで日本を活気づける取り組みを続ける。高知市在住、48歳。

各種様式

  

最後に本ページの担当課    観光交流局まんが王国官房
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72380857-26-7238    
    ファクシミリ  0857-26-8307
    E-mail  mangaoukoku@pref.tottori.lg.jp