当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取大学獣医学科臨床野外実習

 鳥取大学農学部獣医学科5年生の臨床野外実習が中小家畜試験場で行われました。
 10月2日(月)に20人、3日(火)に19人で合計39人の参加です。

 鶏の採血は大学の実験室内ですでに経験しており、ほぼ順調に進みました。
 豚の採血は全員が未経験で、にぎやかに叫ぶ子豚を保定し、採血を全員が行いました。

 <実習風景>

試験場について説明  鶏の採血
    地どりについて説明                                 鶏の採血


豚の採血  豚の精子を観察
               豚採血                                          精液の観察

<実習後の感想>
  *豚の採血は、見えない血管からの採血が難しかった。
  *鶏の採血は、前回(実験室)はうまくできなかったが、今回は上手く採血できた。


  期待の獣医師の卵たちの今後の活躍を期待します。
  産業動物の分野、公務員獣医師を進路に選択してほしいものです。

 

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000