当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

第448号(2017,8,10)

HEADLINE 

1.とっとり IN 関西コーナー
○夏の甲子園、鳥取代表米子松蔭、明日第4試合に登場!
○追悼水木しげるゲゲゲの人生展、大丸神戸店で14日まで開催中!
○TBS「がっちりマンデー!!」で旺方トレーディングが紹介されます!
○ピーコックストア千里中央店「鳥取県フェア」18日から!
○ホテルグランヴィア大阪レストラン、8月は山陰フェア!
○鳥取学出前講座、今月は「カナダへ移住した鳥取の人々」! 
○鳥取来楽暮カフェ19日開催、参加申込受付中!
○「第12回 朝日U・Iターン相談会」参加申込受付中!
○船場センタービル、4県物産展8月はお休みです!

2.とっとりおすすめ情報
○鳥取しゃんしゃん祭13日から!
○砂の美術館「パシフィックサマーフェスティバル」開催中!
○第9回わかさ清流まつり、13日開催!
○琴浦グルメdeめぐるウォーク参加者募集!
○大山夏祭り「お盆の大献灯和傘灯り」11日から!
○ツアー「江尾十七夜物語り」参加者大募集!
○とっとり県民の日 鳥取いいね!写真コンテスト、作品募集中!

3.編集部員のひとりごと

1.とっとり IN 関西コーナー
■夏の甲子園、鳥取代表米子松蔭、明日第4試合に登場!
 8日から甲子園で「第99回全国高校野球選手権記念大会」が開催
されています。全国の代表校が熱戦を繰り広げています。
 鳥取県の代表は17年ぶり3回目の出場の米子松蔭高校。明日11日
の第4試合(15時30分開始予定)に登場します。対戦相手は、春の
選抜の覇者、大阪桐蔭高校です。強豪校との対戦ですが、米子松蔭高
校が甲子園で活躍することを祈念します。8日(金)には、選手の宿
舎に鳥取県関西本部と県人会の代表が激励訪問してきました。米子松蔭
の馬場畑主将からも力強い宣言をいただきました。明日、甲子園へは、
関西本部有志で応援に行きます。みなさまもぜひ、一緒に米子松蔭を
応援しましょう!

こちらもご覧ください↓
https://www.pref.tottori.lg.jp/268706.htm

■追悼水木しげるゲゲゲの人生展、大丸神戸店で14日まで開催中!
 境港出身で2015年に93歳で「あの世」へと旅立った水木し
げる先生の人生を振り返る展覧会が大丸神戸店の大丸ミュージアムで
8月14日まで開催されています。境港で過ごした少年期のスクラ
ップ帳や 自画像から従軍期、貸本漫画家時代、多忙期の作品、原画、
お面のコレクション等が展示されています。チケットは大人1,0
00円 です。グッズ販売も充実しています。大阪、京都と巡回して
きた水木しげる先生の貴重な作品を 近畿で見られる最後の機会かも
しれません。ぜひお出かけください。
期間:8月14日(月)まで
場所:大丸ミュージアム(大丸梅田店9階)

こちらもご覧ください↓
http://www.daimaru.co.jp/museum/kobe/gegege_2017/index.html

■TBS「がっちりマンデー!!」で旺方トレーディングが紹介されます!
 TBSで日曜の朝に放送されている「がっちりマンデー!!」は、
日曜に経済の勉強をして月曜日から実践しよう!という番組です。
次の日曜、13日の放送は「日本以外でボロ儲け」がテーマ。中古農機
具の買い取りと販売・海外輸出をしている「旺方トレーディング」(鳥取市)
が紹介されます。ぜひ皆様ご覧ください。
日時:8月13日(日)7時30分から8時
放送局:毎日放送(4チャンネル)

番組についてはこちら↓
http://www.mbs.jp/pgm2013/1502156345.shtml

番組の公式サイトはこちら↓
http://www.tbs.co.jp/gacchiri/

↓旺方トレーディングのHPはこちら。
https://oho-tr.net/

■ピーコックストア千里中央店「鳥取県フェア」18日から!
 毎月、千里中央駅にほど近いピーコックストアで開催している
「鳥取県フェア『鳥取うまいもん市場』」。次回は来週18日から
20日まで開催です。今月も鳥取県の"うまいもん"がたくさんやって
きます。米子市のおしどり調剤薬局のスプラウト各種、舞茸チップや
パウダーと鳥取県物産協会の販売を予定しています。
週末には同じフロアにあるトリピーショップでアグリネット琴浦の
ジュースの試飲宣伝販売も開催します。ぜひ、お越しください。
期間:7月18日(金)から20日(日)
場所:ピーコックストア千里中央店B1

詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.pref.tottori.lg.jp/263761.htm

■ホテルグランヴィア大阪レストラン、8月は山陰フェア!
 JR大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪のレストランで、7月
と8月に「鳥取・島根“ご当地便り”!」が開催されています。
鳥取県、島根県の食材を使ったメニューが登場。鳥取県の和牛や
トトリコ豚、シロイカ等を使ったコースやランチが好評です。
ぜひ皆様、この機会にグランヴィア大阪のレストランで鳥取の味を
ご堪能ください。
期間:8月31日(木)まで
場所:ホテルグランヴィア大阪 
    1F「カフェレストラン リップル」
   19F「なにわ食彩 しずく」
      「鉄板焼 季流」

こちらもご覧ください↓
http://www.pref.tottori.lg.jp/267827.htm

■鳥取学出前講座、今月は「カナダへ移住した鳥取の人々」! 
 木曜(夜)と金曜(昼)に分かれ、年間を通じて毎月開催して
いる鳥取学出前講座。今月は17日と18日に開催します。今月の
テーマは「カナダへ移住した鳥取の人々」。講師はエッセイストの
末永和子さんです。移民大国カナダに関する著書の多い末永さん。
カナダに移住した鳥取の人々の暮らしに興味のある方は、ぜひご参加
ください
日時:8月17日(木)18時から20時
   8月18日(金)10時30分から12時30分
参加費:1回1,000円

こちらもご覧ください↓
https://www.pref.tottori.lg.jp/40128.htm

■鳥取来楽暮カフェ19日開催、参加申込受付中!
 大阪本町のシティプラザ大阪で19日に鳥取への移住・定住の
いろいろな事を知ることができ、相談もできる「鳥取来楽暮カフェ」が
開催されます。今回のテーマは「~田舎暮らしの楽しみ方~」です。
鳥取県への移住、就農を考えておられる方はぜひご参加ください。
参加は無料で、定住機構のホームページから、お申込みいただけます。
 日時:8月19日(土)13時から16時
 会場:シティプラザ大阪4F「凜」の間

こちらからお申込できます↓
http://furusato.tori-info.co.jp/?id=11715

■「第12回 朝日U・Iターン相談会」参加申込受付中!
 新天地で仕事を見つけて移住・定住したい人や、農業、酪農、
林業、漁業に携わる仕事をしたいという人のための相談会「朝日
U・Iターン相談会」が9月3日(日)梅田で開催されます。現在、
参加申込を受け付けています。相談コーナーに鳥取県からは鳥取県
移住定住サポートセンターが参加します。鳥取県への移住定住に
興味のある方はどうぞお申込みください。
申込期限は8月31日(木)です。

こちらもご覧ください↓
https://www.pref.tottori.lg.jp/268842.htm

■船場センタービル、4県物産展8月はお休みです!
 地下鉄堺筋本町駅、本町駅に直結している「船場センタービル」で
4月から10ヶ月間「ニッポン4県物産展」が開催されています。
8月は夏季休業とのことでお休みしています。8月24日、25日、
26日の3日間のみ開店しています。鳥取県、福井県、秋田県、熊本
県の物産をお求めの方は、8月の3日間か9月からよろしくお願い
します。

詳しくはこちらをご覧ください↓
https://www.pref.tottori.lg.jp/265484.htm

2.とっとりおすすめ情報
■鳥取しゃんしゃん祭13日から!
 夏の鳥取最大級の夏祭り「鳥取しゃんしゃん祭」。今年は13日、
14日、15日の3日間開催されます。13日は前夜祭。すずっこ
踊りと傘踊りのオープニングパレードが行われます。恒例の約4千人
が踊る一斉傘踊りは14日。15日は市民納涼花火大会です。祭りの
名前の「しゃんしゃん」とは、市街地の温泉で「湯がしゃんしゃん沸
く」と「鈴の音がしゃんしゃん鳴る」という意味で名付けられました。
しゃんしゃん傘の和紙の色には意味があり、砂丘や日本海等を表して
います。お祭りの詳細に興味のある方は、公式サイトをご覧ください。
鳥取市が傘踊り一色で盛り上がる3日間、ぜひお越しください。
〈前夜祭〉
日時:8月13日(日)17時30分から20時30分
場所:若桜街道
内容:オープニングパレード、すずっこ踊りパレード
〈一斉傘踊り〉
日時:8月14日(月)16時から21時
場所:若桜街道、智頭街道、バードハット他
〈第64回市民納涼花火大会〉
日時:8月15日(火)19時から21時
場所:千代河原市民スポーツ広場

公式サイトをご覧ください↓
http://tottori-shanshan.jp/

■砂の美術館「パシフィックサマーフェスティバル」開催中!
 鳥取市の砂の美術館では、夏休み企画として「パシフィック
サマーフェスティバル」が開催されています。8月31日まで
毎日ダンスショーとトロピカルフードをお楽しみいただけます。
ダンスは沖縄を拠点とし、日本だけでなく広く世界で活躍して
いる「プアヒナノ」のステージです。ぜひ、砂の美術館でトロ
ピカルな気分を味わってください。
 砂の美術館では、8月20日まで「ミニ砂像選手権2017」
も開催中です。砂像作りに自信のある方はぜひご参加ください。

砂の美術館のHPはこちら↓
http://www.sand-museum.jp/

■第9回わかさ清流まつり、13日開催!
 若桜町の清流でニジマスを釣る人気のイベントが13日
開催されます。釣りの道具がなくても現地でレンタルできます。
お子様向けにはつかみ取りもあります。
若桜の特産品が当たるお楽しみ抽選会も開催されます。
夏の1日、鳥取の清流で遊びたい方はぜひご参加ください。
日時:8月13日(日)8時から釣りの受付開始
   ※小雨決行、荒天の場合は8月20日(日)に順延
場所:八東川流域宮ノ下橋付近(若桜町屋堂羅)
料金:釣り大人 1,000円(中学生以上)
     子供   500円(小学生以下)
  つかみ取り:小学生300円、幼児無料

若桜町観光協会のHPをご覧ください↓
http://kanko.town.wakasa.tottori.jp/news/2017/07/post-136.html

■琴浦グルメdeめぐるウォーク参加者募集!
 「琴浦グルメdeめぐるウォーク」が今年も開催されます。
今年は「琴ノ浦コース」(7km)、大山滝コース(5km)の
2コースです。海も山も食も楽しめる琴浦ならではのウォーキング
イベントです。二十世紀☆梨男も参加し、参加された方と楽しい
ひとときを過ごします。それぞれのコースに限定ご当地グルメが
あるほか、会場でもご当地グルメをお楽しみいただけます。事前に
申込をし、完歩された方にはお楽しみプレゼントが当たる抽選会も
あります。このイベントは過去4年間の参加者アンケートが満足度
90%の人気イベントです。興味のある方はお早めにお申込みください。
開催日:9月23日(土・祝)9時から15時
場所:琴浦町東伯総合公園
申込期限:8月31日(金)

詳しくは、琴浦町のHPをご覧ください↓
http://www.town.kotoura.tottori.jp/docs/2017071200046/

■大山夏祭り「お盆の大献灯和傘灯り」11日から!
 8月11日から15日の夜、大山寺参道周辺では、大山夏祭り
「お盆の大献灯」が開催されます。
11日から13日の3日間は和傘灯りも点灯され、幻想的な
雰囲気をお楽しみいただけます。3日間限定の参道ご当地グルメも
登場します。12日、13日の2日間は、ゆかたレンタル&着付け
サービス(有料)も実施されますので、浴衣でお盆の大献灯を満喫
したい方は、ぜひご利用ください。
〈和傘灯り〉
日時:8月11日(金・祝)、12日(土)、13日(日)
   19時30分から21時30分
場所:大山寺参道から大神山神社奥宮参道付近
入場料:中学生以上300円

詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.daisen.jp/p/kyokai/14/

■ツアー「江尾十七夜物語り」参加者大募集!
 江府町が一年に一日だけ、500年前をしのぶお祭り、「江尾十七
夜」が今年も8月17日に開催されます。このお祭りをより一層楽しむ
ことができるツアーが当日夕方開催されます。米子市在住の小説家、
松本薫さんの作品「天の蛍」 の舞台を巡り、江尾十七夜のあれこれを
知ることができ、お祭りが10倍楽しめるようになるというツアーです。
来週が当日の江尾十七夜、お祭りを見に行かれる方は、お祭りの前に
開催されるこのツアーにもぜひ、ご参加ください。
日時:8月17日(木)17時30分から19時
場所:JR江尾駅前
参加費:1,700円
定員:10名

お申込み、詳細はこちらから↓
http://www.town-kofu.jp/kanko/12/2017/1/q470/

■とっとり県民の日 鳥取いいね!写真コンテスト、作品募集中!
 9月12日の「とっとり県民の日」に合わせ、ふるさと鳥取の魅力
を再認識し、愛郷心を育む機会を創出するため、鳥取県内のいいね!
が伝わる写真を募集してます。審査・表彰:応募作品のうち選出され
た40点はイオンモール鳥取北店又は日吉津店で展示し、県民の方に
よる投票数で表彰作品が決定されます。最優秀賞、優秀賞各2点には、
豪華県産品が送られます。
募集期間:6月5日(月)から8月20日(日)
募集テーマ:みんなに勧めたい!教えたい!「鳥取のいいね!」

応募方法等の詳細はこちら↓
https://www.pref.tottori.lg.jp/0912/#itemid791707

3.編集部員のひとりごと
 今年の夏は、久しぶりに京都の祇園祭に行ってきました。後祭の
宵山ということもあって人出もそれほどではなく、町家の多くは
マンションに変わってはいましたが、山鉾の雅な飾り付けと、
小さな女の子が唄う「まるたけえびすにおしおいけ♪」のわらべ
うたや「ちまきどうですか~」の調子に古都の風情を感じました。
祇園祭は今から1100年ごろ前に疫病退散を祈願して始まった
お祭りですが、応仁の乱を初めとする数々の戦火に合う度に町衆の
手によって復活してきた歴史があり、まさに地域再生のお祭りでも
あります。
祇園祭が終わると京都の夏も本番です。今年の夏も中々厳しそう
ですが、暑さに負けずがんばっていきたいと思います。(山茶花)