当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
2台目冷蔵庫もうケッコーですキャンペーン
冷蔵庫1台分のエネルギーを削減した先着200家庭に鳥取県産牛肉と鶏肉のセットが必ず当たるキャンペーンを実施します!
この機会にご家庭の冷蔵庫の使い方を考えてみませんか。

※キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
 

キャンペーンリーフレット(pdfファイル3,138KB) 
  

キャンペーンの内容

1.応募期限

平成29年12月28日(木)必着
※ただし200人に達した時点で終了

2.対象者

鳥取県内にお住まいの家庭 
※1家庭につき、応募は1回限りとさせていただきます。

3.応募要件

  1. 平成29年8月1日時点で冷蔵庫(冷凍庫含む。以下同じ)を複数台使用していること
  2. 平成29年8月1日以降に冷蔵庫を処分し、2台⇒1台、3台⇒2台など、使用する冷蔵庫の台数を1台以上減らすこと
※冷蔵庫を処分した場合でも、買い換えにより台数が削減されない場合は対象外となります。 

応募方法

専用の応募用紙に必要事項を記入の上、必要書類を添付して郵送・持参してください。

Step1  ご家庭で使用している冷蔵庫の写真を撮影 

 ↓

Step2  冷蔵庫を処分 ※リサイクル料の支払い
(参考)家電リサイクル券センターHP  

 ↓

Step3 応募用紙に必要事項を記載して郵送・持参 

応募用紙(pdfファイル161KB) 

提出書類

  • 応募用紙
  • 冷蔵庫を2台以上使用していたことがわかる写真(1台は処分前の冷蔵庫)
  • 家電リサイクル券の排出者控のコピー

応募・問い合わせ先

鳥取県生活環境部環境立県推進課
〒680-8570鳥取市東町1丁目220
電話:0857-26-7874 FAX:0857-26-8194
メール:kankyourikken@pref.tottori.lg.jp


先着200人が必ずもらえる「もう」「ケッコー」なプレゼント!

鳥取和牛と鶏肉(鳥取地どりピヨ)のセット(5,000円相当)を先着200人にプレゼントします。
プレゼント

(参考)考えてみましょう。冷蔵庫の使い方

24時間365日、常に働き続ける冷蔵庫は、家庭の消費電力量の14.2%を占め、最も電気を使っている家電です。
冷蔵庫の処分に加え、生活スタイルにあわせた冷蔵庫の使い方を考えることで、大幅な省エネが期待できます。
世帯当たり電気使用量 

上手な使い方

  • 冷蔵庫の温度設定を見直す(「強」→「中」など)
 ※ただし食品の痛みにはご注意ください
  • ドアの開閉は少なく、手早く
  • 熱いものは冷ましてから入れる
  • 冷蔵室は食品を詰め込まず、奥の壁が見える程度に入れる
 ※引き出し式冷凍室は、食品同士が保冷しあうので、隙間なく入れた方が省エネです。

例えば2006年の冷蔵庫(容積401~450?)を処分すると?

省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」(環境省)で試算すると、冷蔵庫1台でこれだけのエネルギーや電気代の節約につながります。 
  • 年間電気代:16,470円~18,360円
  • 年間消費電力量:610~680kWh
  • 二酸化炭素削減量:336~374kg-CO2

省エネ家電の購入が一番の省エネ!

例えば、今どきの冷蔵庫は、9 年前の製品と比べて約 43%の省エネ、液晶テレビは 8 年前の製品と比べて約 65%の省エネになっています。※
省エネを意識して家電製品を使うことも重要ですが、最新省エネ家電の買い換えで、大幅な省エネが期待できます。
※出典:2016 年度版 スマートライフおすすめ BOOK (スマートライフジャパン推進フォーラム)

家電製品選びの強い味方!

エアコン、テレビ、電気冷蔵庫など製品によって省エネ性能の差が大きい家電製品を買換える時は、お店で「統一省エネラベル」を確認すると便利。省エネ性能が優れているほど「星」の数 が多くなり、最高5つ星がついています。
また、事前に買い換え効果を確認したい場合、「しんきゅうさん」(環境省)が便利。現在使って いるエアコンやテレビ、冷蔵庫などを省エネ製品に買換えると、どのく らい電気代や CO2 などが削減できるか確認できます。