当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

平成27年度第1回商品クリニック開催しました!

関西の消費者が求める魅力ある商品づくりを進めていくために、6月19日に県西部総合事務所にて「平成27年度第1回商品クリニック」を開催しました。
今年4月から運用されている「機能性表示食品制度」に関する講演や、食品卸(小売)、百貨店・スーパー、外食産業、商品開発の4分野の関西バイヤー等による個別クリニックのほか、オプション企画として今年2月に開所した(地独)鳥取県産業技術センター食品開発研究所「商品開発支援棟」の見学も行いました。
商品クリニックの様子1枚目商品クリニックの様子2枚目
商品クリニックの様子3枚目講義の全体の写真
講演会の様子講義の様子
見学の様子1枚目見学の様子2枚目

県内事業者19社25名(うち初参加10社15名)及び県内支援機関9機関12名から御参加いただき、参加者からは「ぜひ施設を使用して商品開発したい」、「売り手の視点から生のアドバイスをいただき、具体的な販路開拓のイメージが持てた」、「以前から気になっていたパッケージ等について、良いアドバイスをいただき改善の後押しになった」等の意見が聞かれました。

※「商品クリニック」とは…

  関西への販路開拓を希望する県内事業者の商品に対して、関西の
  バイヤー等が商品企画・商品パッケージ・販売計画等に関する
  アドバイスを行い、今後の販路開拓に向けた商品改良に活用していただくものです。

今後のスケジュール(予定)

【開催終了】平成27年7月下旬 商談会(会場:関西本部交流室)
平成27年11月  第2回商品クリニック(会場:県内)
平成28年2月   商談会(会場:関西本部交流室)

  

内容

【オプション企画】10時30分~11時15分

施設見学:(地独)県産業技術センター食品開発研究所
定員:40名

【講演】12時45分~13時25分

機能性表示食品制度を商品PRに活用しよう
講師:鳥取県福祉保健部健康医療局健康政策課 管理栄養士 難波伸子氏
   (地独)鳥取県産業技術センター食品開発研究所 所長 小谷 幸敏氏
定員:40名

【商品クリニック】13時30分~17時

関西バイヤー等が個別に参加者の商品に対し助言(1事業者あたり30分)
定員:24事業者

お問い合わせ

鳥取県関西本部 販路開拓チーム 福本
 (電話)06-6341-1988
 (ファクシミリ)06-6341-3972
 (e-mail)fukumoto_k@pref.tottori.jp