当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

「鳥取県子どもの貧困対策推進計画」を策定しました

子どもの貧困対策の推進に関する法律の規定に基づき、本県の子どもの貧困対策を総合的に推進するための基本指針となる計画を策定しました。

計画概要(PDF,110KB)

計画全文(PDF,842KB)

平成27年度関連事業(PDF,237KB)
  

現状と課題

  • 生活保護世帯の子どもや就学援助を受けた児童生徒の数は増加傾向。
  • 生活保護世帯の子どもの中退率が高い。きめ細かな支援が必要。
  • 生活保護世帯の子どもやひとり親家庭の子どもの高校卒業後の進学率は、県の全体平均と比べて大きな差がある。

計画期間

 平成27年度から平成31年度までの5年間

計画の推進体制

  • 市町村、教育委員会をはじめ、県民、関係団体等と相互に連携・協力
  • 学校を子どもの貧困対策のプラットフォームと位置づけ、総合的な支援を展開

計画の進捗管理

 関連事業の遂行に際してはPDCAサイクルを取り入れ、子育て王国とっとり会議において進行管理。事業の進捗状況や調査分析等を踏まえ、必要に応じて施策等を見直す。

計画の趣旨

 子どもの将来がその経済的な環境によって左右されることなく、全ての子どもたちが夢と希望を持って成長していけるよう、また、貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、子どもの貧困対策を総合的に推進するための基本指針となる計画を策定する。
 なお、この計画は「鳥取県ひとり親家庭等自立促進計画」、「とっとり若者自立応援プラン」及び「鳥取県子ども・子育て支援事業支援計画」との関連性を踏まえ、各計画に記載されている関連施策を連動させ、一体的に推進する。

計画の位置付け

 子どもの貧困対策の推進に関する法律第9条第1項の規定に基づく計画

具体的な取組

1 教育の支援

  • 放課後や土曜日等における教育活動の充実
  • スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー等による相談・支援体制の充実
  • キャリア教育の充実
  • 生活保護を含む生活困窮世帯やひとり親家庭の子どもを対象とした学習支援の推進
  • 高校等中退者への支援の充実
  • 不登校、高校中退等の実態把握
  • 人材確保も目的とした奨学金の充実 など

 

2 生活の支援

  • 子どもの居場所づくりの充実
  • 生活困窮者に対する包括的な相談支援
  • ひとり親家庭等の子育て支援の充実 など

 

3 保護者に対する就労の支援

  • 一般就労が困難な生活困窮者等に対する段階的な就労準備支援の推進
  • ひとり親の職業能力向上のための訓練促進 など

 

4 経済的支援

  • 保育料、小児医療費等の負担軽減
  • 経済的理由により就学が困難な生徒に対する授業料の減免、高等学校等就学支援金及び高校生等奨学給付金の支給
  • 生活保護世帯の子どもの高校等進学時の入学料、就学中の授業料等の支給 など

 

5 調査研究

  • 貧困の実態や各種支援の実態を把握するため、必要な調査を実施