当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

各種課題とPTA活動

「いじめは、どの学校、どのクラス、どの子どもにも起こりうる」について

 平成25年度に、国立教育政策研究所が「いじめ追跡調査2010-2012」により、「いじめ」とまとめている様々な様態について、「暴力を伴うもの」「暴力を伴わないもの」と大別してみたとき、次のような調査結果が得られたので、全てをひとくくりにせず冷静な対応が必要である、と示しました。

 暴力を伴ういじめは、
  • 被害者も大きく広がることはない。被害者・加害者は限定的。
  →「どの子どもも加害者・被害者になる」とは言えない。
  →早期発見し 介入・対処が必要。
 暴力を伴わないいじめは、
  • 6年間12回の調査で、被害・加害経験を全く持たなかった子どもは全体の1割ほどしかいない。何らかのきっかけで被害者にも加害者にもなりうる。
       →いじめは、どの学校、どのクラス、どの子どもにも起こりうる。
       →未然防止が大切。 

 この調査で、学校生活の中で立場を入れ替わりながら、ほとんどの子どもたちがいじめを体験しているということになり、あらためて「いじめは、どの学校、どのクラス、どの子どもにも起こりうる」ということが裏付けられました。
 この結果を、そのまま鳥取県の状況とすることはできませんが、そのような意識を持って、対応型のいじめ対策だけではなく、防止型のいじめの対策に取り組んでいくことが大切です。

 (参考)鳥取県の状況について(平成24年度)公立学校のみ     
        平成24年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査より)

1 いじめの認知件数(重複回答あり)

 小学校

 中学校

 高等学校

 特別支援学校

 

 131

 144

 17

 10

 302


2 千人あたりの件数

鳥取県

5.0 

全国

14.3


3 態様 (単位:件)
区分
冷やかしやからかい,悪口や脅し文句,嫌なことを言われる。 99 98 8 4 209
仲間はずれ,集団による無視をされる。 28 16 2 0 46
軽くぶつかられたり,遊ぶふりをして叩かれたり,蹴られたりする。 38 28 6 2 74
ひどくぶつかられたり,叩かれたり,蹴られたりする。 10 3 2 1 16
金品をたかられる。 2 5 1 0 8
金品を隠されたり,盗まれたり,壊されたり,捨てられたりする。 10 9 0 1 20
嫌なことや恥ずかしいこと,危険なことをされたり,させられたりする。 16 11 3 0 30
パソコンや携帯電話等で,誹謗中傷やいやなことをされる。 0 8 0 0 8
その他 4 5 1 4 14
207 183 23 12 425

  その際、いじめは大人の気づかないところで発生、進行することが多いことから、子どもたち自身がいじめの不当性を認識し、いじめの解決に向かう力をつけていくことが必要です。
傍観者の出現率推移仲裁者の出現率推移
いじめの四層構造

 これらの調査結果から、日本の子ども(集団)は、傍観者から仲裁者となる力をつけていくことが課題としてあげられます。
  

「いじめ防止対策推進法」から

 この法で、子ども、保護者に対してもいじめ問題への関わりが規定されました。いじめを子どもだけの責任とすることなく、子どもがいじめに向かわないようにするために、常日頃から家庭でも「いじめは絶対にしてはならない」と指導することが求められます。
4条より いじめの禁止 
 児童等は、いじめを行ってはならないこと。
9条より 保護者の責務等
  1. 保護者は、子の教育において第一義的責任を有するものであって、その保護 する児童等がいじめを行うことのないよう、当該児童等に対し、規範意識を養うための指導その他の必要な指導を行うよう努めるものとすること。
  2. 保護者は、その保護する児童等がいじめを受けた場合には、適切に当該児童等を保護するものとすること。
  3. 保護者は、国、地方公共団体、学校の設置者、その設置する学校が講ずるいじめの防止等のための措置に協力するよう努めるものとすること。
  4. (略)

家庭で行うこと、学校で取り組むこと

  国立教育政策研究所発行の生徒指導リーフ増刊号「いじめのない学校づくり『学校いじめ防止基本方針』策定Q&A」では次のように示されています。

Q&Aより(クリックすると大きくなります)

 どれも当たり前のようなことに思えますが、それを継続し続けることで、子どもの習慣や生活リズム、価値観が自然に育成されていくということです。
 現在の子どもたちの生活は、個人差はあれ、好きなときに好きなことをやりたいだけできる、好きなものを食べたいだけ食べるといった傾向がみられます。そのような生活実態の中で「ストレス耐性」がつかず、我慢することが必要な場面や緊張する場面で、感情にまかせた言動をとったり、ちょっとしたプレッシャーにも耐えられず自分をコントロールできなかったりといった傾向が顕著な子どもが増えていると言われています。
  いじめを行う子どもの中には、何のためらいもなくそれを行う子どももいます。ストレス耐性が身についていないため、内心の葛藤や自己コントロールといった、いじめを抑止する心が育っていないためです。子どもの頃に身に着けた習慣は、改めようと思っても大変なものとなります。
  このように考えると、鳥取県や市町村で取り組んでいる、学校と家庭と連携した取組は、学習への影響だけではなく、いじめの防止にもつながると言えます。             

家庭でも「おや?」と思うことはありませんか?

 <いじめに関わっているときに子どもが示すサインの例> 

◆電話等での会話の中に、「キモイ」「ウザイ」「むかつく」「ばい菌」というような言葉や差別的なあだ名が聞こえてくる。
◆頻繁に電話をかけたり、メールを送信したりして、その後に外出する。
◆与えた覚えのない小遣いや洋服、物を持っていたりする。

    <いじめられているときに子どもが示すサインの例>

 ◆表情がさえず笑顔が見られなくなる。
◆食欲が急に落ちる。
◆ささいなことで怒ったりイライラしたりするようになる。
◆登校をしぶるようになる。理由が はっきりしない。
◆学校や友だちの話題を避けるようになる。
◆部活動をやめたい、学級をかわりたい、転校したいなどと話すようになる。
◆家庭からお金を持ち出したり必要以上に小遣いを求めたりする。
◆理由のはっきりしない衣服の汚れや破れ、打撲や切り傷などがみられる
◆友だちからの電話に出たがらない、おびえる。
◆無言電話、不審電話がかかる。
◆つきあう友だちが急に変わり、呼び出しが多くなる。
◆遊びに出たがらない。
◆帰りが遅くなったり、理由も言わずに外出する。
◆楽しんでいたことに興味を示さなくなる。
◆刃物や危険な物を持ち歩くようになる。
◆部屋に閉じこもったり、家族と一緒に食事をとりたがらないようになったりする。

 

 いじめにより、子どもは自己表現、問題解決や判断が難しくなってきます。周囲の大人による早期発見や早期対応、温かい支えが必要です。 

  • 「気のせいではないか?」「あなたにも悪いところがあるのでは?」「もうちょっとがんばっては?」など否定的に受けとめるのではなく、また、できるだけ口をはさまず、じっくりと話を聴いてあげましょう。
  • あなたは大切な存在だ、どんなことがあってもあなたの味方であるという親としての強い意思をしっかりと伝え、安心感を与えましょう。
  • 小さな変化でも学校にすみやかに相談しましょう。電話や手紙よりも先生と直接話し合うことが大切です。学級担任以外にも、学年主任、養護教諭、教育相談担当、生徒指導担当、管理職など誰にでも相談できます。
  • いじめていた子どもの保護者とは、学校と相談しながらかかわります。
  • 学校に相談しにくい場合には、相談機関に相談しましょう。 
  • 「ネットいじめ」に気づいたら、メッセージの原文やアドレスなどを削除せずに保存しておきましょう。内容に応じて、警察や法務局への相談が有効です。
  

~保護者の皆様へ~

◆「不登校」って何?

 不登校とはストレスの多い学校生活のなかで、子どもがいろいろな葛藤のなかで強い不安感や挫折感を味わい、自信を喪失し、学校生活やそれに伴う対人関係から退き、ひきこもった状態と言えます。学校に行けないことに罪悪感を抱き、自分を責め、深い挫折感にさいなまれ、自信をなくし、学校や友達が怖くなってしまう子もいます。

◆次のような兆候が見られたら気をつけましょう

 不安や悩みを持っているとき、子どもはさまざまなサインを出します。子どもがすこやかに育つために、大人として子どもの心に関心を持ち、子どもの出すサインを見逃さず、子どもの気持ちに近づいてあたかかく見守り話を聞いてあげましょう。

【子どもの出すサインの一例】

  • 学校や勉強のことを言うとひどく不機嫌になる
  • 友達と遊ばなくなり、一人で過ごすことが多くなる
  • 部屋に閉じこもりがちになる
  • 月曜や休み明け、特定の曜日に学校に行きたがらない
  • 登校時間になると頭痛、腹痛、発熱などを訴える

◆家庭の役割

不登校の解決には、不登校を生まない環境づくりや家庭の役割も重要です。

  • 子どもとしっかり向き合いましょう
     子どもと話す機会を増やし、子どもの話を十分に聞き、子どもの気持ちを尊重してください。子どもは精神的な安らぎを得なければ、大人の話を十分に受け入れることはできません。
  • 日々の生活の中で、褒める、励ます、叱るなどの保護者としての責任を果たしましょう。
     他人に対する思いやりやいたわりの模範を保護者が子どもに示しましょう。
  • 子どもの表情や変化を見逃さず、気づいた時点で子どもと十分に話し合い、必要に応じて学校に連絡しましょう。

◆学校での取組

[ポイント1]教育相談機能の充実

 本県ではすべての中学校にスクールカウンセラーを配置し、その校区内の小学校にも巡回相談を実施して児童生徒や保護者の相談活動を行える体制を整えています。また、一部の小学校には「学校相談員」も配置し、気軽に相談を行うことができます。

[ポイント2]児童生徒の居場所づくり

 授業や学校行事等において、児童生徒一人一人に活躍の場を与えたり、豊かな人間関係に支えられた学年・学級づくりに努めたりするなど、児童生徒の居場所づくりに努めています。

[ポイント3]組織的な取組の充実

 校内研修会等を開催して児童生徒の実態や指導方針等を共通理解したり、「だれが、いつ、何を、どのように」を明確にして具体的な指導を進めたりするなど、組織的な取組の充実に努めています。

[ポイント4]小・中学校の連携の強化

 児童生徒の情報交換や小・中学校相互の授業参観の機会を設けたり、学校行事を工夫して児童生徒の交流の場を設けたりするなど、小・中学校間の連携を強化し、接続を滑らかにしています。

◆心配なことがあれば勇気を持って相談してください

  悩みを抱えないで、担任の先生やスクールカウンセラー等に相談し、一緒に考えましょう。
 身近に相談できる人がいないときや、困ったときは相談窓口へ相談して下さい。

相談カード1相談カード2