当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

目的と活動

1 PTAの目的

 PTAは、児童生徒の健全な成長を図ることを目的とし、親と教師とが協力して、学校及び家庭における教育に関し、理解を深め、その教育の振興につとめ、さらに、児童生徒の校外における生活の指導、地域における教育環境の改善、充実を図るため会員相互の学習、その他必要な活動を行う団体です。

(昭和42年6月23日文部省社会教育審議会報告)

2 PTA活動のあり方

  1. 保護者と教職員は平等な会員として、自由に、よい人間関係の中で交流することが大切です。
  2. 会員相互に情報の交換や学習をするとともに、他の社会教育関係団体とも交流して子どもの育つよい環境をつくることが大切です。
  3. 家庭・学校・地域社会における子どもたちの生活や生活環境を調査検討し、その改善や充実を図るために学習をすすめ、関係団体と協力したり関係当局に働きかけたりなどして、自らも実践することが大切です。
  4. 学校の教育方針や指導方法を理解しながら活動を進めることが大切です。
  5. 会員自身の豊かな生活感覚を養うための学習の場にするとともに、時代の流れに対応した取組を工夫することが大切です。
  6. 特定の政党や宗教・宗派にかたよった活動をしてはいけません。
  7. 会費は、PTA活動のために使用するもので、学校運営等にあてるものではありません。

    PTA活動とは・・・会議をもつ