当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
鳥取県の出納業務のホームページ

鳥取県収入証紙の返還による現金の返納

購入済みの収入証紙は、原則として返還して現金の還付を受け、又は他の収入証紙と交換することはできません。ただし、収入証紙を印紙と間違えて購入した場合などには、証紙を返還することにより、現金の払い戻しを受けることができます。
  

(1)現金の返還を受けることができる場合

  1. 証紙による納付の必要がないにもかかわらず、誤って購入した場合
  2. 収入印紙などと証紙を混同して購入した場合
  3. 申請などを行う目的で証紙を購入後、本人の責任によらない事情の変更により使用の見込みがない場合
  4. 納付すべき金額を超えて証紙を購入した場合
  5. その他本人の責任によらない事由によって、証紙購入の目的が達せられなくなった場合 

(2)現金還付の方法

1. 現金の払い戻しを希望される場合は「現金還付請求書」を記入して、未使用の証紙を同封し、以下まで送付してください。
(様式)

  Word形式
 PDF形式
 現金還付請求書(様式)
 (Word形式:22KB)
 (PDF形式:85KB)
 現金還付請求書(記入例)
 ーー  (PDF形式:91KB)
(送付先)
・会計管理局会計指導課
 (〒680-8570 鳥取市東町1丁目220)

・中部総合事務所地域振興局
 (〒682-0802 鳥取県倉吉市東巌城町2)

・西部総合事務所地域振興局
 (〒683-0054 鳥取県米子市糀町1丁目160)

2. 売りさばき手数料(販売時に県が販売所に支払う手数料、証紙定価の3.24%分)を差し引いた金額を返還します。

 返還する金額=返還された証紙の定価ー{返還された証紙の定価×(3.24/100)}
※{ }の円未満は切り捨て
3. 現金の返還は銀行口座振込にてお願いします。    
4. 証紙が申請書類等にすでに貼り付けられている場合は証紙を剥がそうとせず、書類ごとそのまま送付して下さい。   

5. 証紙が破れてしまっている場合は、会計管理局会計指導課
(電話0857-26-7437、ファクシミリ0857-26-8147)にご相談下さい。