学校給食モニタリング事業について

鳥取県では、児童生徒のより一層の安全・安心の確保の観点から、学校給食における放射性物質の有無や量について把握するため、文部科学省の「学校給食モニタリング事業」の委託を受け、平成24年度に県内において提供された学校給食の事後検査を実施しました。
  

検査方法

ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法で児童生徒に提供した学校給食一週間分(1日1食分 計5食分)をまとめて検査

検査機関

株式会社 日本総合科学(厚生労働省登録検査機関)

検査項目

放射性セシウム134、同137(検出下限値は1ベクレル/kg)

検査期間

平成24年10月下旬から平成25年3月上旬

検査対象

市町村:鳥取市、米子市、倉吉市、日吉津村、大山町、南部町、江府町
県立学校:鳥取盲学校、鳥取養護学校、倉吉養護学校、皆生養護学校

関連リンク