「山の日」記念大山登山の開催

 第3回「山の日」記念大会が鳥取県で開催されるにあたり、大山の豊かな魅力、美しさ、自然、歴史を感じてもらうため、全国47都道府県代表者による記念登山を行い、「山を守る聖地」大山から大会の成功を祈念します。
 また、記念登山には「天国じじい」の愛称でおなじみの登山家貫田宗男さんも参加予定です。
記念大山登山のチラシ
  

開催概要

開催日時

 平成30年8月10日(金)午前6時から昼頃まで(午前5時半集合)

集合場所

 大山博労座駐車場(鳥取県西伯郡大山町大山字博労座40-1外)

応募期間、応募方法

募集期間

平成30年5月10日(木)から6月11日(月)まで

募集方法

リンク先のメールフォームから必要事項を入力の上、応募ください。

応募にあたっての注意事項

募集人数

  • 都道府県代表として、各都道府県から1名または2名とします。
  • 応募多数の場合は、応募期間終了後抽選を行います。
  • 当選者には6月末までに御連絡します。

参加費

  • 参加費は無料。
  • 集合場所までの旅費、宿泊費は自己負担でお願いします。

参加特典、記念品

  • 記念品及び大山参道で使用できる当日昼食券等を贈呈します。
  • 8月10日の夜、米子市内で開催する「山の日」記念全国大会のレセプション及び翌11日に大山町で開催する「山の日」記念全国大会の記念式典に御招待します。

注意事項

  • 開始時間が早朝ですので、ご注意ください。
  • 前泊が必要な方については、当選の御連絡の際に宿泊の斡旋の御連絡も併せて行います。
  • 8月10日は米子駅と集合場所の間で参加者専用の送迎バスを準備します。
  • 山頂までは約3時間かかります。山頂では全員で記念撮影を行います。
  • 登山に適した服装や装備でお越しください。
  • 荒天等による中止の場合は、前日までにホームページでお知らせします。

応募先

貫田宗男さんのプロフィール

貫田宗男(ぬきたむねお)
 1951年山口県生まれ。1979年、ダウラギリV峰(7,618m)登頂。
 1991年、1994年、2度にわたりエベレスト(8,848m)登頂。
 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」登山部顧問。「天国じじい」の愛称でもおなじみ

一木一石運動への参加

記念登山の参加者には、一木一石運動にもご協力をお願いします。

一木一石運動とは

 大山山頂では年々増加する登山者により、昭和50年代から急激に緑が減少してしまい、その結果、雨水による浸食溝がいたる所にできてしまいました。この状況に対し、昭和60年に「大山の頂上を保護する会」が結成され、「一木一石運動」が始まりました。
 この運動は、登山者に一木一石運動用に用意されている石や苗木をもって山頂まで登ってもらい、その石や苗木で山頂の緑を守り、山頂の崩落を防ごうという取り組みです。
大山町ホームページ(頂上を保護する取り組み「一木一石運動」)