健康政策課のホームページ

喫煙

 

禁煙イメージ画像<鳥取県の目標>
まずは、吸わない、吸わせない。禁煙支援と受動喫煙防止の徹底。

 喫煙は、がん、循環器疾患、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、歯周疾患といった生活習慣病の予防可能な最大の危険因子であるほか、低出生体重児の増加の一つの要因であり、受動喫煙も様々な疾病の原因になるため、喫煙による健康被害を回避することが重要です。
 喫煙による健康への影響は以下のとおりです。
 また、喫煙に関する本県の取組は以下のとおりです。
  

喫煙による健康への影響

(1)喫煙は、様々な健康被害に及びます。今すぐ禁煙を!

 たばこによる健康被害は、多数の科学的知見により因果関係が確立しています。具体的には、喫煙はがん(口腔、咽頭、喉頭、肺、食道、胃、大腸、膵臓、肝臓、腎臓、尿路、膀胱、子宮頸部、鼻腔、副鼻腔、卵巣のがん、急性骨髄性白血病)、循環器疾患(脳卒中、虚血性心疾患等)、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患等)、糖尿病、歯周疾患等の原因となります。
 また、妊娠中の喫煙は、妊娠合併症(自然流産、早産、子宮外妊娠、前置胎盤や胎盤早期剥離など)のリスクを高めるだけでなく、低出生体重児、死産、出生後の乳幼児突然死症候群のリスクとなります。
 このように喫煙は、様々な健康被害に及びます。そして、禁煙することによる健康改善効果についても明らかにされており、肺がんをはじめ、喫煙関連疾患のリスクが禁煙後の年数とともに確実に低下していきます。今すぐ禁煙を行うことが、生活習慣病等の予防に非常に重要です。

(2)受動喫煙により、普段たばこを吸わない人にまで健康被害を与えています!

  たばこの副流煙による受動喫煙でも、虚血性心疾患、肺がんに加え、乳幼児の喘息や呼吸器感染症、乳幼児突然死症候群(SIDS)等の原因となるほか、子どもの成長の低下、運動能力の低下、学習能力の低下をもたらします。受動喫煙により、短期間の少量曝露によっても健康被害が生じるとされています。
 受動喫煙は、普段たばこを吸わない人にまで健康被害を与えています。喫煙者への禁煙支援と社会全体で受動喫煙のない環境を作っていくことが非常に重要です。

本県の取組

 以下のとおり、喫煙対策に関する各種取組を実施しています。
  
  

鳥取県禁煙治療費助成事業について(平成27年3月31日更新)

 鳥取県では、たばこをやめたい方を積極的に支援するため、禁煙治療の保険適用対象外の方(ブリンクマン指数200未満の方)に対し、保険適用相当額(7割)を助成します。
(申請は、禁煙治療の途中でも行うことができます。ただし、申請は治療回数を超えることは出来ません。) 
 イラスト

 ■助成対象者

  次の要件をすべて満たす方を対象とします。

  • 県内に住所を有すること  
  • ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されていること。
  • 直ちに禁煙治療を希望し、ブリンクマン指数が200未満(保険適用は200以上)
  • 当該治療を受けることを文書により医師に同意していること
  • 過去に受けた禁煙治療の初回算定日より1年を経過していること
  • 保険適用となる禁煙治療に準じた治療を実施し、医師の証明があること
  • 各種保険適用を受けずに行ったニコチンパッチ治療、バレニクリン治療であること
  • 禁煙治療後に県が行う禁煙・喫煙状況等の調査(追跡調査)に回答する意思のあること

 ■受診対象医療機関
     県内の禁煙外来治療ができる医療機関及び保険薬局   88機関(平成28年1月1日時点)
                          ↓ 
    ニコチン依存症管理料届出受理医療機関(外部リンク)

→ リンク先からの県内の禁煙外来治療ができる医療機関及び保険薬局の探し方(PDFファイル、229KB)
  


 ■助成対象経費
  次のいずれか低い額を助成します。

(※)初診から12週間以内に受診した5回までの費用(初診料、再診療、ニコチン依存症管理料、調剤料、 禁煙補助薬、院外処方せん料)


【申請先】
 ■各総合事務所福祉保健局健康支援課
    東部総合事務所福祉保健局 (鳥取市江津730)
    電話:0857-22-5695 FAX:0857-22-5669
    中部総合事務所福祉保健局 (倉吉市東巌城町2)
    電話:0858-23-3146 FAX: 0858-23-4803
    西部総合事務所福祉保健局 (米子市東福原一丁目1-45)
    電話:
0859-31-9318 FAX:0859-34-1392

禁煙・分煙の取組

本県では健康づくり文化創造推進プランにおいて「たばこ」について次のとおり定めています。

○みんなの目標:時、所、場合に応じて喫煙マナーは必ず守ります。

⇒ 受動喫煙防止のため、まわりの人の迷惑にならないよう、喫煙マナーを守りましょう。 
  また、たとえ無煙たばこであっても、呼気中に含まれるニコチン等の成分で体質的に発作を起こす可能性がある方もおられますので、十分配慮しましょう。

●県は、たばこによる疾病及び死亡を低減するため、正しい知識の普及を図るとともに、喫煙防止教育、受動喫煙防止、禁煙支援を推進します。

本県では次のような取組を行っています。

 健康づくり応援施設(禁煙)
  禁煙又は分煙に取り組んでいる施設を「健康づくり応援施設」として認定しています。
  (26年10月1日時点:1603施設)
 禁煙サポーターの養成(H19~21)
  禁煙したい人を身近で支援する禁煙サポーターを養成しました。(85人)
3 喫煙の健康影響についての普及啓発
  5月31日の世界禁煙デーにあわせて各圏域で関連イベントを実施しています。
4 県機関等1日禁煙デー   
  世界禁煙デーにちなみ、県の機関や趣旨に賛同する市町村、県内事業所で1日禁煙に取り組みます。

県内公共的施設における禁煙状況等に関する実態調査

 本県では、受動喫煙防止対策を進めるために、平成22年度に県内の公共的施設における禁煙状況等に関する実態調査を実施しました。
 調査結果については、こちらに掲載しています。

禁煙支援に関する情報

 禁煙指導を希望される方、禁煙に取り組んでみようと思われている方は参考にしてください。
 詳しくは鳥取県医師会へご相談ください。


禁煙指導医・講演医一覧表(鳥取県医師会へ)
ニコチン依存症管理料届出受理医療機関一覧表(中国四国厚生局へ)
たばこと健康に関する情報ページ(厚生労働省へ)

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.jp