鳥府志図録

 『鳥府志』は、近世期の鳥取城下に関する地誌の中でも、最も史料的価値が高いと評価されています。鳥取藩士・岡嶋正義(1784~1859年)が文政12(1829)年に著したもので、首巻1冊、上・中・下巻各3冊の計10冊からなっています。
 『鳥府志図録』は、この『鳥府志』に描かれた約150にのぼる挿絵と現在の景観等を対比させながら、解説を加えたものです。
 「寛文大図」(鳥取平野を描いた最も古い絵図)の複製を付録としてつけています。

鳥府志

体裁等

上製本、A4判、234ページ、1994年刊行


頒布窓口

鳥取県立公文書館(鳥取市尚徳町101)のみでの頒布となります。

県外の方、そのほか窓口で直接購入することが困難な方については、配送による頒布もお受けします。詳しくは、「メールフォームによる配送頒布方法」「ファクシミリによる配送頒布方法」の各ページをご覧ください。