イヌサフランの食中毒について

イヌサフランの食中毒にご注意ください。

園芸植物のイヌサフランを間違って食べたことにより、食中毒が発生しています。
イヌサフランは有毒ですので、間違って食べないように注意しましょう。

中毒症状

おう吐、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難。
重症の場合は、死亡することもある。

有毒部位

葉、球根など全草

毒性成分

コルヒチン

間違えやすい植物

葉・・・ギョウジャニンニク、キボウシなど
球根・・・ジャガイモ、タマネギなど
家庭菜園とは別につくり、一緒に植えないようにしましょう。


厚生労働省ホームページ