パスポートに関連する各申請・届出についてご案内しています。
 次の項目をクリックしてご覧ください。
  

申請ガイド

記載事項変更申請・訂正新規申請等

 有効パスポートをお持ちの方で、都道府県をまたぐ本籍の変更、または、氏名に変更のあった方は、パスポートの作り直しが必要になります。 

記載事項変更申請

 現在お持ちのパスポートを国に返納し、記載事項変更パスポート(新しい本籍、氏名が記載されたパスポート)を取得していただきます。記載事項変更パスポートを取得することにより、パスポート面のサインや機械読み取り部分、IC登録内容が新しい記載事項変更パスポートに反映されます。なお、有効期間は、記載事項変更パスポートの発行日から返納していただくパスポートの有効期間満了日までとなります。手続きについては記載事項変更申請をご覧ください。

訂正新規申請

 現在お持ちのパスポートを国に返納し、新たなパスポート(新しい本籍、氏名が記載された5年間または10年間有効なパスポート)を取得する方法です。  新規取得(更新)と同じ扱いとなり、料金は「記載事項変更申請」に比べ高額ですが、5年間または10年間有効なパスポートを取得することができます。手続きについては、訂正新規申請をご覧ください。 

住所のみに変更があった場合

 パスポートの記載事項には変更がないため、手続きの必要はありません。パスポートの最終ページにある所持人記入欄の住所地をご自身で訂正して、そのままのパスポートをお使いください。(修正液を使ったり、紙を貼ったりしないでください)
 

その他の申請ガイド

未成年者・成年被後見人の申請

未成年者・成年被後見人の方は、申請にあたって法定代理人の同意の署名が必要です。

刑罰等関係に該当する方の申請

刑罰等関係欄の設問に、1つでも該当あるかたのパスポートの発給については各旅券窓口にお問合せください。

代理提出

新規発給申請(有効期間中の切替を含む。)、査証欄増補申請の場合は、代理提出できます。

未成年者の申請

未成年者の申請の注意点など。

氏名をヘボン式でない記載や別名併記を希望する場合

国際結婚をしている方、二重国籍である方等で、ヘボン式でない記載や別名併記を希望する場合

日本国籍を持っていない方の申請

自分の国籍のある在日大使館、又は領事館にお問い合わせください。