鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト

災害等発生情報

過去の災害情報





熱中症またはその疑いにより搬送された人員数等

平成28年4月25日から鳥取県内において熱中症またはその疑いにより消防の救急隊が搬送した人員数等については、以下のとおりです。なお、数値は消防庁が行っている「熱中症搬送人員等の調査」に基づくものです。

※ 全調査期間 4月25日~10月2日

【平成28年度4月25日~10月2日まで】

28年度熱中症による救急搬送状況 (PDF:293KB)

 

[参考1]27年度の調査結果(PDF:288KB)(2015年4月27日~10月4日)
[参考2]26年度の調査結果(PDF:40KB) (2014年5月19日~10月5日)
[参考3]25年度の調査結果(PDF:59KB) (2013年5月27日~10月6日)
[参考4]24年度の調査結果(PDF:55KB)(2012年5月28日~9月30日)
[参考5]23年度の調査結果(PDF:48KB)(2011年5月30日~10月2日)

留意事項 

◎熱中症の定義は、高温環境下で体温の調節機能が破綻するなどして体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ発症する傷害の総称であり、日射病、熱けいれん、熱疲労、熱射病等が含まれます。なお、掲載している数値には、熱中症の疑いがあり搬送された人員も含まれています。

◎掲載されている人数は、救急車で病院に搬送された方の人数です。また、傷病程度は、初診時の診断によるものです。 

熱中症対策

熱中症対策については「熱中症を防ぎましょう(健康政策課HP)」をご覧下さい。