教職員の福利

 福利担当は、県庁第2庁舎5階教育総務課で、公立学校共済組合鳥取支部は同6階で業務にあたっています。

業務内容

健康管理事業

教育関係職員が心身共に安定した状況で勤務できることを目的に、疾病の早期発見と生活習慣予防のための事業(定期健康診断)や心身の健康増進を図る事業(心の健康対策事業)等を行っています。 

福利厚生事業

教職員関係職員が職場・家庭・地域等で充実した生活を育むための福利厚生事業(次世代育成支援・教職員ライフプラン・セクハラ対策等)を行っています。
  

退職予定者の支援

   夏季休業中の8月に実施される予定です。
   各公立学校に開催通知が届きますので、希望される方は参加申し込みをしてください。

  • 「退職予定者のためのライフプラン研修会」(公立学校共済組合・鳥取県教育委員会)
   11月頃に研修会が開催されます。各学校に届く開催通知にご注意ください。
   (年度末の退職予定者や早期退職を検討している方が対象です。)

  • 「退職予定者のための個別相談会」(公立学校共済組合)
   2月頃に開催されます。年金や健康保険について相談できます。
   年度末退職者に関連資料が届きますので注意しておいてください。


公務災害/通勤災害

  (補償請求手続に必要な書類の様式を入手することができます。)
    ※「地方公務員災害補償基金鳥取県支部」提供

育児休業中の教職員への支援

みんなが子育てに携わるための教職員プラン