パスポートに関連する各申請・届出についてご案内しています。
 次の項目をクリックしてご覧ください。
  

申請ガイド

紛(焼)失の届出等

 有効期間の残ったパスポートを紛失・焼失してしまった場合、または盗難にあった場合、それを速やかに外務省へ報告し、失効処理をする必要があります。
 失効処理がされていない場合は、悪用される可能性もありますので、必ず御連絡ください。
 詳しくは、紛(焼)失の届出をご覧ください。

盗まれた場合

 まずは警察へ盗難届を出してください。
 その後、旅券事務所で失効の手続きを行い、必要であれば新しいパスポートの新規申請を行います。そのとき盗難届の受理番号や警察が発行する盗難届出立証書・遺失物届出立証書が必要です。
 警察へ届け出るだけでは旅券の失効はされませんので、その間に悪用される可能性もあります。必ず速やかに旅券事務所へ紛(焼)失の届出をしてください。

家のどこかにしまってた場合

 しまってあった場所にパスポートが見あたらない、または間違ってゴミと一緒に燃やしてしまった・・・
 そんなときは、直ちに旅券事務所へご報告ください。
 まずは有効パスポートの失効処理をし、必要であれば新しいパスポートの新規申請を行います。
パスポートは、国際的にも身分を証明するとても大切な公文書です。
パスポート取得後は、その管理を厳重すぎるほど厳重ににしてください。
また、「無くした・・・」と思っても、もう一度よく探してみてください。
パスポート紛失の事実は外務省へ報告され、その記録はずっと残ってしまいます。
 

その他の申請ガイド

未成年者・成年被後見人の申請

未成年者・成年被後見人の方は、申請にあたって法定代理人の同意の署名が必要です。

刑罰等関係に該当する方の申請

刑罰等関係欄の設問に、1つでも該当あるかたのパスポートの発給については各旅券窓口にお問合せください。

代理提出

新規発給申請(有効期間中の切替を含む。)、査証欄増補申請の場合は、代理提出できます。

未成年者の申請

未成年者の申請の注意点など。

氏名をヘボン式でない記載や別名併記を希望する場合

国際結婚をしている方、二重国籍である方等で、ヘボン式でない記載や別名併記を希望する場合

日本国籍を持っていない方の申請

自分の国籍のある在日大使館、又は領事館にお問い合わせください。