パスポートに関連する各申請・届出についてご案内しています。
 次の項目をクリックしてご覧ください。
  

申請ガイド

居所申請

 パスポートの申請は、基本的には住民票のある県での申請となります。
 本来、転居した後は、速やかに住民票の移動を市町村役場へ届け出る必要があります。
 ただ、「学生である」「長期出張である」等で、住民票を移すことに不都合が生じる等の理由で住民票を移動していない場合もあるでしょう。
 鳥取県に住民票は無いが、生活の基盤(学校・会社)が鳥取県にあり、なおかつ出発が迫っていてそれまでに住民票のある県に帰って申請をする余裕がない等の場合、特別に申請をお受けすることができる場合もあります。これを居所申請(きょしょしんせい)といいます。
 ただ、特別な申請ですので、全ての方に適用されるわけではありません。必ず事前に窓口にお越しになるか、電話等で問い合わせてください。

 対象となる方は次の方です。

  • 一時帰国者
  • 船員
  • その他学生、長期出張者、季節労働者等
  • 自宅の新築(改築)中、又は自宅が罹災し、仮住居に住んでおられる方

 詳しくは、居所申請をご覧ください。

 

その他の申請ガイド

未成年者・成年被後見人の申請

未成年者・成年被後見人の方は、申請にあたって法定代理人の同意の署名が必要です。

刑罰等関係に該当する方の申請

刑罰等関係欄の設問に、1つでも該当あるかたのパスポートの発給については各旅券窓口にお問合せください。

代理提出

新規発給申請(有効期間中の切替を含む。)、査証欄増補申請の場合は、代理提出できます。

未成年者の申請

未成年者の申請の注意点など。

氏名をヘボン式でない記載や別名併記を希望する場合

国際結婚をしている方、二重国籍である方等で、ヘボン式でない記載や別名併記を希望する場合

日本国籍を持っていない方の申請

自分の国籍のある在日大使館、又は領事館にお問い合わせください。