日野郡の必見情報

このページでは、日野振興センターの職員が日野郡内のイベントや旬な情報、実際体験したこと、お得な必見情報などを皆さんへお届けしています!

皆さんからの情報もお待ちしています!

【日野ごよみ】でメールしてください。

hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

2018年4月3日

古民家沙々樹を杉並第一小学校の子供たちが訪れました。

日野町舟場にある国の有形文化財「古民家沙々樹」に、杉並第一小学校(東京都杉並区)の子供たち5名が3月28日から31日まで滞在し、古民家での生活を楽しみました。

これは、杉並第一小学校の子供たちが日野町のおしどりのためにドングリを集めて送ったことがきっかけとなり、平成8年からは毎年春休みや夏休みに日野町を訪れるようになったもので、これまでに延べ250名くらいの子供たちが参加しているそうです。

滞在中は、自炊をしながら、春はオシドリを見たり、夏は山登りや川遊びなどを楽しみます。




杉並第一小学校の子供たち。
今回は、「古民家沙々樹」に伝わる雛人形が飾られている時期の滞在となり、たくさんの雛人形を見ることができて喜んでいました。



この日は、畑の中の一本道を歩いて、近くの和牛農家さんを訪ねました。




和牛農家の大下さんの説明を聞きながら、牛舎を見学しました。
大下さん「人間にミルクを与えられて育った牛は、大人しく人に撫でられたり、人を舐めたりします。」
子供たち「可愛くて、東京に連れて帰りたいです。」


「古民家沙々樹」に帰ったら、次は夕食の準備です。
滞在中は子供たちは、地域の店で食事の材料を買って来て自炊するなど、自分のことはきちんと自分でするのが恒例だそうです。




この日は、お餅つきをするために、家主の佐々木さんの指導で、せいろでもち米を蒸していました。


ここでの生活の感想を聞くと、「日野で一生暮らしたいです!」「この家に来るのは2回目ですが、懐かしい雰囲気で、ただいま!という感じがします。」「日野の人はみんなが優しくて、ほっとします。」との言葉が口々に返ってきました。


オシドリが縁となり20年間も続いている、杉並第一小学校と「古民家沙々樹」との交流ですが、多くの住民の方が、お手伝いされたり、お土産を持って来られたり、協力されているそうです。
子供たちにとって、日野町は第二の故郷になっているようでした。


杉並第一小学校の子どもたちと「古民家沙々樹」を取り巻く住民のみなさんとの交流が、末永く続いていくよう願っています。






日野振興センター 2018/04/03 in ☆おすすめスポット

問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局
〒689-4503鳥取県日野郡日野町根雨140-1
(電話)0859(72)2086
(ファクシミリ)0859(72)2072
(電子メール)hino-shinkou@pref.tottori.jp
  

 このサイトに関するお問合せは   

西部総合事務所日野振興センター日野振興局
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール : hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

夜間・休日のお問合せは          

0859-72-0321(代表)