冬期におけるスリップ事故防止

 冬期は、例年、積雪や凍結に伴い、スリップ事故が多発しますので、次のことに留意し、安全運転を心がけましょう。

○ 出発前の準備
 ・ 冬用タイヤへの交換を確実に行いましょう。
   また、急な大雪に備え、スコップやタイヤチェーンなどを車内に備えておきましょう。
 ・ 気象や道路の情報を確認しましょう。状況が極端に悪い場合には不急の用件での運転は   
  控えましょう。
○ 走行時の注意事項
 ・ 積雪や凍結した道路では、スピードは控えめに、車間距離を十分に保ちましょう。ま   
  た、急ブレーキ・急ハンドル・急加速など「急」の付く運転はやめましょう。
 ・ 積雪のない道路でも、橋の上や山間部の日陰では、部分的に凍結しているところもあり   
  ますので、その手前で速度を十分に落としましょう。
 ・ 例年この時期、夜間の交通事故が多発する傾向にあります。薄暮時間帯・夜間における   
  交通事故を防ぐため、前照灯を早期点灯するとともに、ハイビームを有効活用しましょ
  う。
 ・ こまめに給油しておけば、急な大雪などによる渋滞に巻き込まれても安心です。

 冬期におけるスリップ事故防止(pdf 82KB)