カラーユニバーサルデザイン研修会

平成15年(2003年)から学校内での色覚検査が廃止になり、色覚問題を知らない教職員のかたが増え、生徒への「色づかいの配慮」が十分でない状況があります。この研修会を通して色覚問題を知っていただき、生徒・保護者に情報が正確に伝わる色づかいや困難を抱える生徒へのケアを学んでいただければと思います。

※本研修会はどなたでもご参加していただけます。

カラーユニバーサルデザイン研修会

「カラーユニバーサルデザイン研修会」チラシ(PDF:441KB)

研修会の概要

日時

平成30年1月15日(月) 13時30分~15時30分

場所

北栄町大栄農村環境改善センター(東伯郡北栄町由良宿423-1)

演題

「色覚の多様性とカラーユニバーサルデザイン~学校における配慮について~」

内容

色覚問題を知ることにより、色弱当事者の子どもたち(保護者)へのケアや授業、印刷物作成などでカラーユニバーサルデザインの考え方を活かすきっかけとする。

講師

岡部 正隆(おかべ まさたか)さん/東京慈恵会医科大学 解剖学講座 教授)

主催

鳥取県総務部人権局人権・同和対策課

その他

  • 入場無料。事前申込み不要です。

お問合せ先

鳥取県総務部人権局人権・同和対策課
電話:0857-26-7121、ファクシミリ:0857-26-8138

電子メール:jinken@pref.tottori.lg.jp