部落差別解消法が平成28年12月に施行

人権・同和問題講演会「部落差別解消法制定の背景と今後の取り組みについて」

 人権・同和問題講演会は、県民の皆さんに人権・同和問題に対する理解を深めていただく機会とするために毎年開催しています。「とっとり県民カレッジ」連携講座です。

 「部落差別の解消の推進に関する法律(部落差別解消法)」が平成28年12月16日に施行されて1年が経ちます。

 この法律は「現在もなお部落差別が存在する」と部落差別の存在を国が認め、「部落差別の解消を推進し、もって部落差別のない社会を実現することを目的とする」として初めて部落問題の解決に向けて取り組む姿勢を示した法律です。

 本講演会では「部落差別解消法」の意義とは何か、部落問題に関わってこられた専門家の話を聞くことにより、部落差別をなくする取り組みについて理解を深める機会とします。(入場無料、事前申込不要、手話通訳・要約筆記あり)
※託児を希望される場合は、1月18日(木)までに人権・同和対策課までお申込みください。
※本講演会は企業・市町村トップ人権セミナーと合同開催としており、どなたでもご参加していただけます。 「部落差別解消法制定の背景と今後の取り組み」講演会チラシ画像

  PDFアイコン「部落差別解消法制定の背景と今後の取り組みについて」講演会チラシ(PDF:321KB)

  

講演会「部落差別解消法制定の背景と今後の取り組みについて」

 

日時・場所

東部会場

■日時: 平成30年1月25日(木) 午後1時30分から4時まで
■場所: とりぎん文化会館 小ホール (鳥取市尚徳町101-5)

西部会場

■日時: 平成30年1月26日(金) 午後1時30分から4時まで
■場所: 米子コンベンションセンター 小ホール (米子市末広町294)

演題

「部落差別解消法制定の背景と今後の取り組みについて」

内容

「部落差別解消法」の意義とは何か、部落問題に関わってこられた専門家の話を聞くことにより、部落差別をなくする取り組みについて理解を深める機会とします。 

講師

 谷元 昭信(たにもとあきのぶ)さん/元 部落解放同盟中央書記次長、大阪市立大学、関西学院大学非常勤講師

主催

主催:鳥取県、鳥取県同和対策協議会

共催:東伯郡同和対策協議会、西部地区同和対策協議会

後援:鳥取労働局

その他

  • 入場無料。事前申込み不要です。
  • 当日は手話通訳、要約筆記を行います。
  • 託児をご希望の方は、平成30年1月18日(木)までに以下のお問合せ先へお申し込みください。
  • 本講演会は企業・市町村トップ人権セミナーと合同開催としており、どなたでもご参加していただけます。
  • 両会場とも県福祉保健部及び鳥取労働局による行政説明を行います。
  • 「とっとり県民カレッジ」連携講座です。 

お問合せ先

 鳥取県総務部人権局人権・同和対策課
 電話0857-26-7073、ファクシミリ0857-26-8138

 電子メール:jinken@pref.tottori.lg.jp

  
アドビリーダのダウンロード