日野振興センター日野振興局のホームページ

「しぜんの宝箱」自然保護監視員だより

 清らかな水、深い緑、露に輝く花々…。鳥取県日野郡の自然はまるで宝箱のようです。
 ここには、大山隠岐国立公園、比婆道後帝釈国定公園、奥日野県立自然公園、神戸上県自然環境保全地域があり、とても自然豊かな地域です。また、サクラソウやブッポウソウ等、希少な動植物も多く生息しています。
 自然保護監視員の番原昌子が、活動を通して魅力いっぱいの日野郡の自然を楽しく紹介していきます!
  

自然保護監視員とは

 鳥取県の自然保護監視員は、自然保護行政の適正かつ効率的な実施のため、平成18年9月に設置されました。現在、県内に5名の自然保護監視員が活躍しています。

   どんな仕事をするの?
  • 自然保護思想の普及啓発
  • ホームページ作成等の情報発信
  • 鳥取県自然環境保全条例に係る業務
  • 鳥獣の保護及び狩猟適正化に基づく鳥獣保護員業務
  • 自然公園、希少野生動植物保護に係る業務  など

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〈参考資料〉

山登り初心者のためのリーフレットを作成しました。ご自由にお使いください。
(A4四つ折り、両面コピー)

「はじめての山登り入門リーフレット」PDF形式(48,641KB)

  

2017年4月28日

毛無山のカタクリ保護にご協力ください

 日野郡の田んぼに水が入り始めました。山の上から見ると、鏡のようで美しいです。

 さて今回は、毛無山でカタクリを保護するためのロープ張りの様子を紹介します!

 毛無山は大山隠岐国立公園に位置しており、カタクリは国立公園で定められている自然公園法で守られている植物でもあります。
 
 4月29日の山開き以降登山者が増えることから、踏み荒らしと盗採掘を防止する目的で、カタクリが群生する場所に進入禁止のロープ張りを行いました。

 

 
 作業した日は雲一つない良いお天気で、大山や弓ヶ浜半島がきれいに見渡せました。



 ロープを張っている場所は、カタクリが群生して咲くことから、進入禁止の看板を設置しているにもかかわらず、中に入って写真を撮る人が絶えません。

 希少な植物を踏み荒らしてしまう場合があるので、不必要に登山道からはみ出さないことは、登山のマナーの一つです。



 カタクリは里地里山を代表する植物で、草刈りが行われている日当たりのよい場所を好みます。

 昔は草刈りもまめに行われていたので、珍しくない植物だったのでしょうが、今では草刈りをしてもらえる登山道沿いに細々と咲いている希少種になってしまいました。



 毛無山のカタクリは、雪解けしてすぐに地上部に新芽を出し、4月下旬から5月上旬にかけて開花します。そして、5月中旬頃には地上部の葉が自然に枯れて、翌年まで球根で過ごします。

 今年は雪が多く、カタクリの開花は遅めかと思っていましたが、すでに咲いているものがありました。
 このゴールデンウィークに毛無山を登山される方は、足元に注意しながらやさしい気持ちでカタクリを愛でてくださいね。

 

日野振興センター 2017/04/28

  

ご意見・お問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局    
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール :  hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp