鳥取県の人権教育

 鳥取県では、人権尊重の理念に立って、差別のない真に人権が尊重される社会の実現をめざして、人権教育を推進しています。そのため、人権教育課では、社会教育、学校教育における人権教育の企画や推進・支援に取り組んでいます。
  

「鳥取県人権教育基本方針-第2次改訂-」を策定しました。

 鳥取県教育委員会は、平成16(2004)年、「鳥取県人権施策基本方針-第1次改訂-」に基づき、同和教育で培われてきた原則を人権教育の基底に位置づけながら、人権にかかわる教育課題を統合的に捉えて推進するため「鳥取県人権教育基本方針」を策定し、その趣旨の徹底に努めてきたところです。

 このたび策定する「鳥取県人権教育基本方針-第2次改訂-」は、新たに策定された「鳥取県人権施策基本方針-第3次改訂-」に基づき、これまでの取組を基盤にすえながら、新たな課題に対応し、人権尊重の精神を涵養(かんよう)する教育をより一層進めようとするものです。

→  「鳥取県人権教育基本方針-第2次改訂-」(PDF:1.02MB)

「鳥取県人権教育基本方針-第2次改訂-」概要版(PDF:479KB)

<第2次改訂のポイント>

1 「鳥取県人権施策基本方針-第3次改訂-」との整合

 ○より一層の対応が求められている問題(近年顕在化した問題)への対応。

  ・北朝鮮当局による拉致問題

  ・東日本大震災等の災害に関する問題

  ・アイヌの人々

  ・職場における人権問題 等

2 本県の人権教育の基本的考え方の継承

 ○同和教育で培われてきた原則を人権教育の基底に位置づける。

 ○国際社会で培われてきた人権教育の原則に立脚する。

3 国が公表した「人権教育の指導方法等の在り方について」等のより一層の反映

 ○学習者に育てたい「資質・能力」に係る記述のより一層の明確化。

 ○「協力」「参加」「体験」を中核に置いた指導方法に係る記述のより一層の明確化。



【パブリックコメントの実施結果】

 「鳥取県人権教育基本方針-第2次改訂-」の策定に当たり、平成28年12月5日(月)から平成29年1月10日(火)の間、パブリックコメント(県民の皆様からの意見募集)を実施しました。その実施結果は以下のとおりでした。

→ 実施結果 (PDF:191KB)

国内外の動き

国際的な動き

国内的な動き