鳥取県の防災、災害時の情報ポータルサイト


災害等発生情報

過去の災害情報





緊急速報(エリア)メール

鳥取県では、災害等緊急時において県民の皆様へ幅広く迅速に情報を伝達する手段として、携帯電話会社が運営する携帯電話への緊急速報(エリア)メールサービスを利用して緊急情報を配信しています。 災害時においては、県ホームページやあんしんトリピーメール等に加え、特に緊急性が高い事象(津波警報等)の発生状況によっては、この緊急速報(エリア)メールをお送りすることがありますのでご承知ください。
また、平成27年11月19日から、気象庁より気象等及び噴火に関する特別警報の緊急速報(エリア)メールでの配信が開始されました。
(気象庁ホームページ)http://www.jma.go.jp/jma/press/1511/16a/151116kinsoku.html
  

緊急速報(エリア)メールについて

 緊急速報(エリア)メールとは、災害等緊急事象発生時において、特に緊急性が高い事象(津波警報等)が発生した場合に配信元が指定したエリア(市町村単位)の携帯電話利用者に対して一斉にメールが配信されるサービスです。
(以下で示す「緊急速報(エリア)メールが受信できないケース」を除き、全ての方に強制的に配信されます。)  
緊急速報(エリア)メールイメージ図

県が利用登録している携帯電話会社とそのサービス名

 会社名

メールサービス 

(株)NTTドコモ   緊急速報「エリアメール」
 KDDI(株)  緊急速報メール
 ソフトバンクモバイル(株)  緊急速報メール

配信開始日

平成24年6月1日

配信情報

(1)県が配信する情報

ア 県が主体的に配信する情報
津波警報、大津波警報などの自動配信後の2次情報(津波到達情報)など
イ 県が補足的に配信する情報
国民保護に関する補足情報
ウ 県が市町村からの依頼に応じて配信する情報
(※市町村が配信すべき情報を配信できない状況となった場合)
避難準備情報、避難勧告、避難指示、警戒区域情報など

(2)気象庁が配信する情報

ア 緊急地震速報

イ 津波警報及び大津波警報

ウ 大雨、暴風、波浪、高潮、大雪又は暴風雪の特別警報

エ 噴火に関する特別警報(噴火警報(居住地域))

(3)消防庁が配信する情報

国民保護に関する情報(弾道ミサイル情報、航空攻撃情報、ゲリラ・特殊部隊攻撃情報、大規模テロ情報、その他緊急に伝達することが必要な国民保護に関する情報)

 

(4)市町村が配信する情報

避難準備情報、避難勧告、避難指示、警戒区域情報 など ※現在、全市町村が緊急速報(エリア)メールの利用登録済み

緊急速報(エリア)メールの概要

  • 携帯電話会社が管理するシステムを利用してメールを配信
  • 配信元が指定した配信エリア(市町村単位)内にいる携帯電話利用者に対してメールを配信
  • 携帯電話利用者は事前の利用申し込みが不要で、通信料も発生しません。

あんしんトリピーメールと緊急速報(エリア)メールの違い

区分

あんしんトリピーメール

緊急速報(エリア)メール

配信情報

防災・危機管理情報や生活安全情報など多様な情報を配信

緊急地震速報や避難勧告等、あらかじめ指定された情報を配信

対象者

・利用者登録が必要
・登録者のみに配信 (パソコンにも配信可能)
 
(利用登録者数:約24,000人(平成27年11月17日現在))

・利用者登録不要

・配信エリア(市町村単位)内にいる(株)NTTドコモ、KDDI(株)及びソフトバンクモバイル(株)(Y!mobileブランド含む)の受信可能な全ての携帯電話利用者に配信。 (例:配信エリア内に居住していない観光客等にも配信)

※鳥取県内の携帯電話スマートフォンの加入契約数:532,568(平成27年6月末現在(総務省中国総合通信局調べ))

着信時

マナーモードの設定は保持

マナーモードの設定にも関わらず着信音が鳴動(※ただし、一部の機種や個別の設定により鳴動しないものがあります)


緊急速報(エリア)メールが受信できないケース

緊急速報(エリア)メールについて、以下の事項に該当する場合は配信されませんので、各利用者が事前に確認することが必要です。

  • 携帯電話の電源が入っていない場合
  • 通話中の場合
  • 利用者が携帯電話の利用圏外にいる場合
  • 携帯電話の機種が古い、またはサービスに対応していない機種の場合
  • 対応機種でもメールの受信設定を「受信しない」にしている場合 等

参考リンク