とっとり県政だより2011(平成23)12年月号
9/20

Topics2011.12鳥インフルエンザの感染・口蹄疫の発生予防にご協力を昨年、野鳥での高病原性鳥インフルエンザの感染が日本各地で確認されました。ウイルスは渡り鳥によって持ち込まれた可能性が高いと考えられています。渡り鳥の飛来シーズンを迎えていますので、鳥インフルエンザ侵入防止にご協力ください。愛玩用の鳥類を飼育している皆さんへ【飼育上の注意点】●鳥の様子をこまめに観察する●関係者以外は近づけない●野鳥との接触を避け、小屋で飼い、野鳥の侵入しそうなところは防鳥ネットで被う●常に清潔な飼育環境を保ち、定期的に消毒を行う●餌や飲み水は毎日新鮮なものを与え、野鳥が飛来する河川や池の水は与えない●鳥に触った後は、手洗いやうがいを励行する●原因が不明で、次々と死んでしまうなど、鳥に異常が見られたら、保健所などへ連絡を※死んだ鳥には素手で触らず袋に入れてください。県民の皆様へお願い東アジアを中心に口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザが流行しています。畜産農家では家畜伝染病侵入防止のために、関係者以外の農場への出入りを禁止しています。牛などの鑑賞目的でむやみに農場へ立ち入らないようにお願いします。連絡・問合せ先各家畜保健衛生所東部 0857・53・2240中部 0858・26・3341西部 0859・62・0140各総合事務所 生活安全課東部 0857・20・3675中部 0858・23・3149西部 0859・31・9320相談会の日程※時間:すべて午後1時30分~4時※事前予約をお願いします。●県消費生活センター各相談室 東部(県庁第二庁舎内) 電話 0857-26-7605 中部(倉吉未来中心内) 電話 0858-22-3000 西部(米子コンベンションセンター内) 電話0859-34-2648●各市町村消費生活相談窓口〜法律専門家による相談会を開催します多重債務でお悩みのかたへ 思いもよらない病気やリストラなどにより、ローンやクレジットといった借金の返済が難しくなることは誰にでも起こりえます。借金返済のために借金をしても、雪だるま式に増えるばかりです。返済にお困りのかたはご相談ください。多重債務相談強化ウィーク12月20日〜25日の間、休日を含め、毎日法律相談会を行います。弁護士・司法書士などによる、無料の面接相談です。(要予約)この期間以外にも、毎月相談会を開いています。また、相談員による相談は随時受けつけています。お早めにご相談ください。ヤミ金融には、絶対に連絡を取らないでください安易にヤミ金融に関わると、関係を断ち切るのは非常に困難です。【ヤミ金融の手口】「即日融資」「超低金利」などと勧誘。個人情報を聞き出した上で少額を貸しつけ、短期間に何度も超高金利を取り立てます。返しても新たな要求が続き、支払えないと、勤務先や家族などに脅迫まがいの電話などを繰り返します。【アドバイス】●直ちに警察へ相談しましょう。●借りる前に、貸金業登録を金融庁のホームページで確認しましょう。http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/index.html問合せ先日程東部中部西部12/20(火)場所県庁議会棟(鳥取市東町)12/23(金・祝)12/22(木)倉吉未来中心(倉吉市駄経寺町)12/25(日)12/21(水)米子コンベンションセンター(米子市末広町)12/24(土)県民ふれあい会館(鳥取市扇町)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です