活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
2016年11月」で絞込み

2016年11月29日

平成28年度第2回新鳥取県史編さん委員会古代中世部会を実施

 平成28年11月25日(金)、平成28年度第2回新鳥取県史編さん委員会古代中世部会を実施しました。

 会議では、平成29年3月刊行予定の『新鳥取県史資料編 古代中世2 古記録編』の構成・分類・配列などについて協議しました。

古代中世部会での協議の様子の写真
古代中世部会での協議の様子
県史編さん室

公文書館 2016/11/29 in 会議など,県史編さん室

2016年11月25日

平成28年度第2回新鳥取県史編さん委員会近代部会を実施

 平成28年11月23日(水)、第2回近代部会を実施しました。

 会議では、平成28年度事業の実施状況を報告した後、平成29年度事業及び資料編『近代5 行政2/経済社会文化』の内容構成や刊行に向けた作業スケジュール等について協議しました。

全体
近代部会での協議の様子
県史編さん室

公文書館 2016/11/25 in 会議など,県史編さん室

2016年11月21日

米子市で白ネギ出荷調整用具調査を実施

 

 民俗部会は、11月16日、米子市の特産品である白ネギを出荷するために調整する用具の調査を米子市彦名町で実施しました。

米子市彦名町の白ネギ畑の写真
米子市彦名町の白ネギ畑

 白ネギは長さを58センチメートルに切り揃え、数本に束ねて箱詰めされ出荷されます。そのために葉切り包丁や葉切り専用枠があります。

 葉切り包丁は、倉吉市の農具鍛冶が現在も製造販売しており、県内で行なわれる農具市で存在を確認したため今回、白ネギの特産地である米子市で使用する作業の調査を実施したものです。

葉切り包丁の写真
葉切り包丁
葉切り専用枠の写真
葉切り専用枠

 収穫した白ネギは専用枠に入れて、余分な葉の部分を葉切り包丁で切り落とします。

白ネギを枠に入れる様子の写真
白ネギを枠に入れる様子
葉切り包丁で余分な葉を切り落とす様子の写真
葉切り包丁で余分な葉を切り落とす様子
白ネギを束ね箱詰めする作業の様子の写真
白ネギを束ね箱詰めする作業の様子

 白ネギを出荷するために調整する作業は皮むきや計量、結束などもあり、葉切り包丁以外にも白ネギの根を切り落とすハサミや皮むき器などもあります。調査にご協力いただいた米子市彦名町のT家では、根切り作業に果樹栽培用の摘果ハサミを流用していました。作業によっては農家毎に様々な工夫や流用があるそうです。

 今回の調査は今後刊行される「民俗2 民具編」に反映されます。今回、御協力いただいた米子市彦名町のTご夫妻に厚く御礼申し上げます。

県史編さん室

公文書館 2016/11/21 in 県史編さん室,調査

2016年11月17日

新鳥取県史講演会「鳥取県の民俗芸能」 を開催

 平成28年11月12日(土)、米子市立図書館2階研修室にて新鳥取県史巡回講座「鳥取県の民俗芸能」を開催しました。


講演会場の様子

 講師は、『新鳥取県史 民俗1 民俗編』の「第2章 民俗芸能」の構成検討や執筆をされた民俗部会委員と調査委員の2名です。

 まず永井猛委員(米子高等工業専門学校名誉教授)が「第9章民俗芸能」の構成を解説し、神楽、かしら打ち、盆踊りなど掲載事例を紹介しました。

質疑応答する永井氏
永井猛委員

 続いて福代宏委員(県立博物館主幹学芸員)は、地歌舞伎、民謡踊り・田植歌踊りなどの掲載事例を紹介しました。

講演する福代氏
福代宏委員

 約49名の参加者があり、新鳥取県史編さんの成果を県民に広めるとともに今後の鳥取県の民俗研究につながる講演会となりました。

 講演会の開催においては、伯耆文化研究会、県立博物館にご協力をいただきました。お礼申し上げます。

県史編さん室

公文書館 2016/11/17 in 県史編さん室,講座などのイベント

2016年11月9日

西伯郡南部町浅井の「魚取り」を調査

 民俗部会は、10月23日、魚伏籠(うおふせかご)の一種であるウグイを使用する西伯郡南部町浅井の「魚取り」の調査を実施しました。

 浅井集落では鎮守の縄久利神社(なわくりじんじゃ)の祭礼前にヤクメ(村仕事)として、集落の田の水源である青木池の草刈り、ヒシなどの水草除去、池のドブナガシ(底の泥の除去)を行うとともに、娯楽の意味がある「魚取り」をウグイという魚伏籠や、池の排水口に仕掛けるヤナのようなドフジリという道具を使用して行います。

 捕獲したコイ、フナなどの魚は、かつては祭礼のご馳走としました。今年は祭礼(10月16日)の前、10月9日に「魚取り」を実施予定でしたが、雨で増水したため中止となり祭礼後の実施となりました。

 今年はたくさんのコイが捕獲され、捕獲できない参加者はいませんでした。

 鳥取市気高町の大堤でもウグイと呼ばれる魚伏籠で漁が行われていますが、詳細に観察することによりウグイの構造や、捕獲動作に違いがあることを確認できました。

 御協力いただいた浅井集落の皆様に厚く御礼申し上げます。

南部町浅井の青木池の写真
南部町浅井の青木池の様子
池の中に入り水草を取る様子の写真
池の中に入り水草「ヒシ」を集める様子
ヒシを陸にあげる様子の写真
ヒシを陸にあげる様子
ヒシを陸にあげる様子の写真
ヒシの種を回収しなければ来年また大発生するため丁寧に回収する
ウグイによる魚取りの様子の写真
ウグイによる魚取りの様子
ウグイによる魚取りの様子の連続写真その1
連続写真その1。鳥取市気高町では両手でウグイを扱うのに対し浅井では片手で扱う。
ウグイによる魚取りの様子の連続写真その2
連続写真その2。
捕獲されたコイの写真
捕獲されたコイ
青木池の排水口のドフジリの写真
青木池の排水口に設置されたドフジリ
ドフジリで捕獲されたコイの写真
ドフジリで捕獲されるコイ
池の水門付近の溝を流す様子の写真
クワ、ジョレン、スコップなどで水門付近の泥を流す様子。これが重要なヤクメである。
県史編さん室

公文書館 2016/11/09 in 県史編さん室,調査