活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
講座などのイベント」で絞込み

2018年3月15日

【開催結果】「占領期の鳥取を学ぶ会29年度活動報告会」を開催しました

 平成30年3月3日(土)鳥取市歴史博物館で「占領期の鳥取を学ぶ会29年度活動報告会」を開催しました。当日は計9回行った学ぶ会の活動報告のあと、西村が「GHQ鳥取軍政部の組織と人事」というテーマで軍政レポート執筆者一覧と県内占領軍の電話回線図を元に解説を行いました。

 鳥取市歴史博物館横山展宏学芸員は、同館所蔵資料中の進駐軍の記事を写真で紹介し、特に当時の「鳥取市報」に掲載される進駐軍からの呼びかけはGHQの市民生活への関与を実感させるものでした。また、翻訳者の澤田晶子さんの「解読と読解のコツ」は、掠れた英文タイプの資料に向き合い格闘した翻訳者の立場から、辞書・WEBなどを駆使した解読手法と、関係新聞記事を用いた読解手法を説いたもので、1946年9月16日付英文レポートの事例を画面に引用しながらの説明は、英語そのものに関心のある参加者の興味を惹くものでした。

 質疑応答のあと西村から、「webで閲覧できる英連邦軍関係写真」を紹介、また解読参加者の上田勝利さんと澤田海宏さんが鳥取大火の米軍救援物資レーションの現物を紹介されました。

 占領期の鳥取を学ぶ会は、30年度も月1回のペースで行う予定です。日程など詳細がきまりましたら本ページでもご案内します。

(西村芳将)

澤田さん説明の様子の写真
英文の「解読」と「読解」のコツを説明する澤田さん

公文書館 2018/03/15 in 会議など,刊行物,館見学,県史編さん室,公文書担当,考古,講座などのイベント,調査,展示

2018年2月1日

【開催結果】新鳥取県史講演会「鳥取招魂社の成立」を開催しました

 平成30年1月27日(土)、鳥取市歴史博物館で『新鳥取県史資料編 近代6 軍事・兵事』の掲載資料ほかを解説する講演会「鳥取招魂社の成立」を開催しました。 

 講師の岸本覚近代部会長(鳥取大学地域学部教授)からは、古海河原での招魂祭に始まり、浜坂・西町・上町と移転していくなかで次第に成立していった鳥取招魂社の姿を、豊富な資料と写真でわかりやすく紹介していただきました。

 参加者からは、招魂社の確立に尽力した人物、忠魂碑や在郷軍人会と招魂社の関係、因伯雲石隠五か国の西南戦争戦死者の合祀の経緯、明治期の官軍の再編成と招魂社の関係など質問が相次ぎました。会場となった鳥取市歴史博物館ではちょうど3月25日まで、初公開となる西郷隆盛の書状を含む館蔵品展が開催中ということもあり、来場者は講演会とあわせて幕末から明治にかけての鳥取に思いをはせました。

会場の様子の写真
会場の様子

 なお、本講演会で取り上げられた「鳥取県護国神社資料」を収録する『新鳥取県史資料編 近代6 軍事・兵事』は、当館ほかで販売しております。

県史編さん室

公文書館 2018/02/01 in 県史編さん室,講座などのイベント

2017年12月7日

【結果報告】新鳥取県史資料編 古代中世2 古記録編 刊行記念講演会「古記録で読み解く古代中世の鳥取」

 平成29年12月3日(日)、鳥取県立博物館講堂で新鳥取県史資料編 古代中世2 古記録編 刊行記念講演会「古記録で読み解く古代中世の鳥取」を開催しました。

 「古記録編」の編さんを担当した編さん委員・調査委員6名が収録史料から浮かび上がる歴史を「天皇・貴族と鳥取」「神社・寺院と鳥取」という2つのテーマに分けてわかりやすく解説しました。当日は110名の方に参加いただきました。

会場の様子の写真
会場の様子
講演する石田敏紀氏の写真
「因幡国造氏と伯耆国造氏」と題して講演する石田敏紀氏(鳥取県立倉吉西高等学校教諭)
講演する宮﨑肇氏の写真
「院政期の典籍書写と書風」と題して講演する宮﨑肇氏(東京大学史料編纂所特任研究員)
講演する末柄豊氏の写真
「後南朝と因幡国」と題して講演する末柄豊氏(東京大学史料編纂所准教授)
講演する倉恒康一氏の写真
「中世大山寺で行われた蓮華会について」と題して講演する倉恒康一氏
(島根県古代文化センター主任研究員)
講演する米谷均氏の写真
「幻の因伯の中世寺院―因幡仙林寺と伯耆光孝寺―」と題して講演する米谷均氏
(早稲田大学非常勤講師)
講演する岡村吉彦室長の写真
「棟札にみる戦国武将の寺社造営」と題して講演する岡村吉彦室長
(鳥取県立公文書館県史編さん室)
講演する秋山伸隆氏の写真
「県史編纂事業を将来につなげるために」として全体総括する秋山伸隆氏
(県立広島大学教授、古代中世部会長)
県史編さん室

公文書館 2017/12/07 in 県史編さん室,講座などのイベント

2017年11月10日

【結果報告】鳥取に進駐軍がいた頃

 平成29年11月4日(土)午後、鳥取市歴史博物館で「占領期の鳥取を学ぶ会」第5回講座「鳥取に進駐軍がいた頃」を開催しました。

 鳥取県に滞在していた進駐軍については、県(渉外部)の文書が残されていないこと、占領が終わった昭和27年4月に鳥取大火があり市民の記録も焼失したことなどから、詳しいことは不明でした。そのため、当時のことをご存知の清末忠人さんと松田章義さんをお招きして、進駐軍の経験を伺いました。お二人からは、「鬼畜米英」と実際の進駐軍とのギャップ、進駐軍が自宅を訪問したときの体験、上町の接収住宅と家族用住宅のこと、進駐軍から英語を習った経験などが披露されました。

 なお、次回の講座は12月9日(土)午後2時を予定しています。(参加者 67名)

会場の様子の写真
悪天候のなか67名が参加されました。
新聞記事を投影している写真
英印軍の鳥取市中行進の新聞記事を投影(1946年5月31日付日本海新聞)
清末さんと松田さんの写真
進駐軍兵士との体験を語る清末さんと松田さん

公文書館 2017/11/10 in 県史編さん室,講座などのイベント

2017年10月18日

樗谿グランドアパートを見学(占領期の鳥取を学ぶ会第4回例会)

 10月14日(土)鳥取市上町の樗谿(おうちだに)グランドアパートで占領期の鳥取を学ぶ会第4回例会のフィールドワークが行われました。樗谿グランドアパートは昭和5年に医院として建てられた後、昭和21年に進駐軍将校宿舎として改修・増築され、ダンスホールや居室などあちこちに進駐軍時代の意匠や備品や残されています。平成28年に鳥取市指定文化財となりました。

 当日は鳥取市歴史博物館木谷館長によるアパートの建設経緯に関する説明をうけたのち、同アパート保存会の会員で県史現代部会委員の佐々木孝文さんの案内で建物内を巡り、改修の経緯と現在の修復状況について説明をうけました(参加者18名)。

 なお、次回11月4日(土)は鼎談「鳥取に進駐軍がいた頃」を開催します。(参加無料)。

進駐軍時代のグランドアパートを移した写真
1.進駐軍時代のグランドアパートの写真(推定)"B.O.Q Tottori Military Government Team"
出典 Occupational History of Tottori Military Government Team
 (19 October 1945 -19 October 1948)
木谷館長による建物建設経緯と外観の説明の写真
2.木谷館長による建物建設経緯と外観の説明(写真1と同じアングルで撮影)
佐々木氏による螺旋階段部分の説明の写真
3.佐々木氏による螺旋階段部分の説明
ダンスホールの壁に残る女性の絵の写真
4.1階ダンスホールの壁に残る女性の絵
進駐軍の居室に残されたベッドの写真
5.進駐軍の居室に残されたベッド
進駐軍用の200ボルトコンセントの写真
6.進駐軍用の200ボルトコンセント(左)

公文書館 2017/10/18 in 県史編さん室,講座などのイベント