活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
展示」で絞込み

2018年3月15日

【開催結果】「占領期の鳥取を学ぶ会29年度活動報告会」を開催しました

 平成30年3月3日(土)鳥取市歴史博物館で「占領期の鳥取を学ぶ会29年度活動報告会」を開催しました。当日は計9回行った学ぶ会の活動報告のあと、西村が「GHQ鳥取軍政部の組織と人事」というテーマで軍政レポート執筆者一覧と県内占領軍の電話回線図を元に解説を行いました。

 鳥取市歴史博物館横山展宏学芸員は、同館所蔵資料中の進駐軍の記事を写真で紹介し、特に当時の「鳥取市報」に掲載される進駐軍からの呼びかけはGHQの市民生活への関与を実感させるものでした。また、翻訳者の澤田晶子さんの「解読と読解のコツ」は、掠れた英文タイプの資料に向き合い格闘した翻訳者の立場から、辞書・WEBなどを駆使した解読手法と、関係新聞記事を用いた読解手法を説いたもので、1946年9月16日付英文レポートの事例を画面に引用しながらの説明は、英語そのものに関心のある参加者の興味を惹くものでした。

 質疑応答のあと西村から、「webで閲覧できる英連邦軍関係写真」を紹介、また解読参加者の上田勝利さんと澤田海宏さんが鳥取大火の米軍救援物資レーションの現物を紹介されました。

 占領期の鳥取を学ぶ会は、30年度も月1回のペースで行う予定です。日程など詳細がきまりましたら本ページでもご案内します。

(西村芳将)

澤田さん説明の様子の写真
英文の「解読」と「読解」のコツを説明する澤田さん

公文書館 2018/03/15 in 会議など,刊行物,館見学,県史編さん室,公文書担当,考古,講座などのイベント,調査,展示

2015年7月24日

戦後70年記念パネル展始まりました

 戦後70年記念事業「子どもたちの戦闘配置 学童集団疎開と満蒙開拓青少年義勇軍」のパネル展示が始まりました。

 米子市立図書館では「神戸からの学童集団疎開」、倉吉交流プラザでは「満蒙開拓青少年義勇軍」の関連展示をメインに行っています。

 どちらも8月9日まで。

米子会場の展示の様子1
米子会場の展示の様子です。同じフロアで「米軍資料にみる米子地方空襲」も開催されています。
米子会場の展示の様子2
米子会場では「子ども夏休み体験ツアー」の皆さんにもご覧いただきました。
倉吉会場の展示の様子
倉吉会場の展示の様子です。
県史編さん室

公文書館 2015/07/24 in 県史編さん室,講座などのイベント,展示

2013年8月20日

開催間近!特別企画展「鳥取大震災の記録」

 平成25年8月23日(金)から特別企画展「鳥取大震災の記録」を開催します。

 約90点の資料から鳥取大震災の実態に迫ります。震災は鳥取に何をもたらしたのか、震災から学ぶべきこととは?ご期待ください。

 

公文書館前の写真
タイトルサインを設置しました。

公文書館 2013/08/20 in 公文書担当,展示

2012年2月21日

新収蔵品展「神社絵図の世界」を開始

 2月18日(土)より新収蔵品展「神社絵図の世界」を開始しました!

 鳥取県では初めて見つかった彩色の神社絵図35点と現在の写真、関連する資料を、当館1階に展示しています。3月18日(日)まで開催中ですので(2月27日は閉館)、この機会に是非ご覧ください。

 展示風景の写真(その1)
展示風景(その1)
 展示風景の写真(その2)
展示風景(その2)
 展示風景の写真(その2)
展示している絵図の一例(賀露神社)
公文書担当

公文書館 2012/02/21 in 公文書担当,展示

2012年2月15日

神社の実地調査(西部)を実施

 2月14日(火)に、2月18日(土)から開催する新収蔵品展『神社絵図の世界』の実地調査を県中部に引き続き、県西部で実施しました。

 西部の調査対象は広範囲に及んでいることに加え、悪天候のため、予定していた11社のうち、10社を実施しました。

 神社の実地調査の写真(その1)

雨の中、息を切らしながら長田神社(南部町馬場)にある177段の石段を上って調査に臨む様子。

 神社の実地調査の写真(その2)

最後の調査場所、賀茂神社(大山町羽田井)にたどり着いたのは日没後。

 神社の実地調査の写真(その2)

東楽々福神社(日南町宮内)の拝殿で参拝客を出迎える電動式獅子舞。

公文書担当

公文書館 2012/02/15 in 公文書担当,調査,展示