鳥取県衛生環境研究所では、県民の皆さまに開かれた研究所をめざすとともに、鳥取県の衛生・環境分野での科学的・技術的中核機関として調査研究、試験検査、研修指導、情報収集・提供などを行っています。

>>感染症情報について(感染症情報センターのページへ)
>>原子力環境センターのページ(平成29年4月より、環境放射線の監視や環境試料中の放射性物質の分析業務は、衛生環境研究所から原子力環境センターへ移管しました)

衛生環境研究所注目情報

8月5日(日)に衛生環境研究所で親子実験教室を開催します。 (定員に達したため、申し込みを締め切りました。お申込みありがとうございました。)
鳥取県内で測定を実施しているPM2.5(微小粒子状物質)の測定結果等の情報です。
鳥取県衛生環境研究所では、県政の重要課題や県民ニーズを踏まえた研究活動の活性化を促進し、優れた研究成果を上げるため、平成16年度から外部の有識者による外部評価制度を導入しています。 平成29年度の評価の結果について公表します。
平成29年8月6日(日)に夏休み親子実験教室を開催し、ペットボトル顕微鏡づくりなどを行いました。

衛生環境研究所イベント情報

8月5日(日)に衛生環境研究所で親子実験教室を開催します。 (定員に達したため、申し込みを締め切りました。お申込みありがとうございました。)
平成29年8月6日(日)に夏休み親子実験教室を開催し、ペットボトル顕微鏡づくりなどを行いました。
「とっとりの地下水を考える勉強会~県内地下水の現状と静岡県の事例紹介~」を開催しました(3月29日)
平成29年7月29日(土)に開催した東郷池湖沼環境モニター説明会で、透視度計作成の講師を務めました

衛生環境研究所ニュース