鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2013年3月」で絞込み

2013年3月26日

春めいてきました

各地で桜が開花して春の訪れが感じられる季節になりましたが、ここ鳥取砂丘周辺にも「春」がやってきました。
市内から砂丘へと続く道路周辺では、ソメイヨシノや山桜、コブシの花が咲き始めました。
また、こどもの国へ向かう道路沿いに植えられたユキヤナギが満開です。

砂丘すぐ近くの林では、薄紫色のハマダイコンの花が咲き始めていました。
ハマダイコンの花

砂丘の中へ目を向けると、砂の中からニョキニョキとコウボウムギの新芽が顔をのぞかせています。
コウボウムギの新芽

今年は春の訪れが早いですね。
☆黄レンジャー

砂丘事務所 2013/03/26

2013年3月22日

モンスター出現!!

砂丘の中に、突然モンスターが出現!
マイクとサリー

悲鳴をあげて逃げ惑う観光客・・・・・とまではならなかったのですが。

実は、映画の公開にあわせて、パワーを充電しに日本全国を廻っている、マイク&サリーの二人(匹?)が、愛のパワースポット「鳥取砂丘」に襲来したんです。

この二人(匹?)が気になるのは、観光客だけではなく、ラクダもとても気になっているようです。
ラクダも気になる


皆さんも、マイク&サリーのようにパワーを蓄えに砂丘にいらしては?


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/03/22

2013年3月20日

友達にも見せたい!卒業旅行は鳥取砂丘。

本日の鳥取砂丘は、朝から今にも雨が降ってきそうな天候で少しポツポツ雨が降りましたが、午後からは太陽も顔を出して日差しもあり、「春分の日」の砂丘は、大勢の観光客、家族連れ、学生達の卒業旅行などで、とてもにぎやかでした。

さて、春分の日とは、自然をたたえ、生物をいつくしむ。、との意味だそうです。鳥取砂丘も春を迎え、今日は植物の写真を撮影しました。

これは、砂丘植物の「コウボウムギ」です。
「こうぼうの筆」とも呼ばれ麦の実がつく植物です。今、ちいさな芽を出しはじめていますので、是非 見つけてみてください。
コウボウムギ

そして、これは 砂と風が創った「自然の風景」!
強風の後、砂の上を歩いているとよく見かける模様ですが、


立ち止まって、よ~く見ると?



・・何か想像できましたか?
自然の風景、、と言うより、「絵画」でした!

これからの砂丘の風景は、「砂の色」、「植物の緑色」、「黄色、紫色、ピンクの花の色」。そして、「海の青色」、、空には「白い雲」。
日没は「夕陽と漁り火」など、たくさん合わさって、自然の景色が楽しめます。

ですから、自分だけじゃなく、友達にも見せたい!・・と言われる人もいます。
何度、訪れても同じ景色を見ることが無いといわれる砂丘は自然を感じる絶好の場所です。

~青レンジャー~
砂丘にお越しになったら、「鳥取砂丘ジオパークセンター」や砂丘レンジャーが、見所などのガイドしていますので、お声をお掛けくださいね!

砂丘事務所 2013/03/20

2013年3月16日

鳥取砂丘の夕日

お待たせしました、鳥取砂丘の夕日のファンの皆様

夕日の沈む位置は、秋 以来 地面側に沈んでいましたが、昨日の観察で海に戻って来たことが確認できました。
昨日の夕日が沈んだ位置の写真です
昨日の夕日

今後は、更に馬の背の右側に移動し、夏至をピークに戻ってきます。
秋のお彼岸頃までは夕日は海に沈みますので、是非カメラ持参でお越し下さい。
昨日の夕日撮影のカメラマンは、私がお会いしただけで9名いらっしゃいました。

そして、昨日の夕日の軌跡を画像処理してみました。
夕日の軌跡

この時期は、こんなに斜めに沈んで行くのですね。
(写真の出来が悪く、申し訳ございません)

(赤レンジャー)

砂丘事務所 2013/03/16

2013年3月15日

今日も春の陽気♪

昨日は寒の戻り、時折雪がちらちらと舞う寒い一日でした。

一転して今日はポカポカとした陽気になりました。

馬の背のちょっと西側を歩いていると、陽気に誘われたのかこんな足跡が!
馬の背頂上に動物の足跡

拡大してみると
足跡の拡大

最近は見かけなかったんですよ。やっぱりもう春ですかね。

暖かかったからなのか、こんな方々もおられました。
オアシスの中を歩く人

ちょうど浅くなっているところを渡られています。

浅瀬の左右は、まだ4・50センチメートルくらいはありそうですよ。


鳥取砂丘も暖かくなり観光客の方も増えてきました。

今度の土日は、砂丘に出かけてみられたらいかが?


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/03/15