商工会議所・商工会

 商工会議所・商工会は、それぞれ「商工会議所法」、「商工会法」に基づき設立された認可法人で、商工業の総合的な改善発達を図り、併せて社会一般の福祉の増進に資することを目的とした「地域の総合経済団体」です。
 また、「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(小規模事業者支援促進法)」により、小規模事業者の経営改善発達を支援する団体として、位置づけられます。
  

1 経営改善普及事業

 商工会議所・商工会は、経営改善普及事業として、経営支援専門員を配置し、小規模事業者に対し、個別相談・支援を実施し、また、税理士会とも協力して、税務に関する支援を実施しています。

(1)経営支援専門員等による相談・支援

  • 各商工会議所・商工会には、経営支援専門員が配置され、小規模企業の経営相談、経営支援等に当たっています。
  • 経営支援専門員は、金融、税務、労働、取引、経理、その他あらゆる分野にわたってきめ細かく相談に応じ、支援を行います。

(2)記帳指導

  • 小規模企業には、経営と家計が未分離なものが多く、企業として最低限必要な帳簿を作成していないものが多く見られますが、記帳は、小規模企業対策として行われる金融面、税制面の施策を受ける基礎であると共に、経営改善の前提となります。
  • このため、各商工会議所、各商工会に企業記帳を専門的に支援する経営支援専門員(旧記帳指導員)を配置し、小規模企業の記帳を支援するばかりでなく、必要に応じて、企業のための記帳代行も行います。

(3)その他

  • 中小企業の経営と生活の安定を図るため、商工貯蓄共済や中小企業倒産防止共済などの各種共済制度、次世代の地域リーダーを担う経営者の育成事業として、各商工会議所、各商工会青年部、女性部の若手後継者の育成を行っています。

     中小企業倒産防止共済・小規模企業共済(外部リンク)


2 経営技術強化支援事業(エキスパートバンク)

 技術、経営に関する分野の知識や技能を持つ専門家を、小規模事業者からの要請に応じ、派遣します。

3 倒産防止特別相談事業

 商工会議所及び県商工会連合会に「倒産防止(経営安定)特別相談室」を設置し、中小企業者からの相談に応じます。

商工会の体制図

 商工会・商工会連合会では、人材を有効に活用して経営支援機能等の充実を図るため、県下3地域に商工会支援センターを設置しています。

  1. 東部商工会産業支援センター:鳥取県商工会連合会館2階
  2. 中部商工会産業支援センター:北栄町商工会北条支所館
  3. 西部商工会産業支援センター:米子日吉津商工会日吉津支所館

 商工会・産業支援センターによる小規模事業者支援体制


商工会議所、商工会連合会へのリンク

  

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部企業支援課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72170857-26-7217    
    ファクシミリ  0857-26-8117
    E-mail  kigyou-shien@pref.tottori.lg.jp